ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  

information・・・

  
『まぁ、いいや・・・』 を合言葉に、嫁から与えられた試練を黙々とこなす毎日を公開中!
『おによめ』を反面教師としますか・・・? それとも、目指しますか・・・?

↓踊らされています・・・・
ブログランキングranking

クリックひとつで気力回復!

■11/14 コメントの返信が遅れています・・・・ホント、(;´Д`)ノごめんなさい・・・。   
 
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
轢きたくはないのよね・・・ 
2005.10.17.Mon / 01:40 
私の通勤経路にはなぜかお年寄りが多い。
自転車に乗ったお年寄りが道路いっぱいにひしめき合っている。
「ひと昔前の中国を思わせるような風景に心休まる」と言いたい
ところなのだが、これがそうもいかない。

お年寄にとって車道の「車」は自転車の「車」を指すようで、
センターライン付近を「轢けるもんなら轢いてみな」という勢いで
悠然と走行している。

「んじゃ、遠慮なく」ともいかないので徐行しながら
抜いていくのだが、どうも私を陥れようとしている方もいるようで
それまでスロー再生のような動きをしていたお年寄りが突然
一時的に若返ったようなシャープな動きで道路を横切る。

最初はこの動きに驚かされ、こっちが死んでしまうのではないかと
冷や汗をかいていたのだが、最近すっかり慣れてしまった。

「東京フレンドパーク」のつもりで右へ左へ、次々と飛び出してくる
お年寄りを冷静によけながら進む。
「フレンド~」なら、当たっても金貨1枚逃すだけだが、こちらは
「人生終了」だ。緊張感が違う・・・・。

私の運転暦十数年の間、「子供の飛び出し」など見たこともないが
お年寄りはものすごい高確率で飛び出してくる。
自分が「轢かれる」など、微塵にも思ってないのだろう。
当然だ。今まで轢かれて死んだことなど一度もない人達ばかりだ。

私も大先輩の人生を予定より少し早く終わらせるなど極力避けたい・・・

お年寄りが巻き込まれる事故のほとんどが運転手側の過失には
違いないのだろうが、中には「うーん」と考えさせられるケースも多い。

「敬老の日」には「天寿を全うするための交通安全講座」をプレゼント
したいものだ。 お互いのために・・・・。


blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
スポンサーサイト
* テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト轢きたくはないのよね・・・のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

兼業主夫

Author:兼業主夫
(けんぎょう・かずお)33歳
愛妻家で恐妻家
時折反骨心を覗かせ
嫁の逆ギレを受ける「軽いM」

もちろんリンクフリーですよ。

---------------------------
ひと目でわかる!
■『おによめ』インデックス


---------------------------
なんと!コンテストに挑戦したところ、『最優秀賞』の栄冠に!!
『ブログdeアフィリエイト コンテスト』
投票していただいた皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんにも1万円、当たりますように!(*´∀`)ノ
ブログ内検索
リンク

人気ブログランキング
ranking

---------------------------
ケータイからも、おによめ観察
---------------------------
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 前略、『おによめ』殿・・・ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。