ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  

information・・・

  
『まぁ、いいや・・・』 を合言葉に、嫁から与えられた試練を黙々とこなす毎日を公開中!
『おによめ』を反面教師としますか・・・? それとも、目指しますか・・・?

↓踊らされています・・・・
ブログランキングranking

クリックひとつで気力回復!

■11/14 コメントの返信が遅れています・・・・ホント、(;´Д`)ノごめんなさい・・・。   
 
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哀愁のゲンコツ・・・・・ 
2006.02.12.Sun / 02:04 
『ゴラァ!!!!何回言ったらわかるんだ!!!!』




・・・・・温厚な私の口から、カミナリのような怒鳴り声。


ムスメ・ムスコ 『うぇぇぇーーーぇぇん!!!ごめんなざぁい!!』


滅多にないことだけに、私の大声とゲンコツは絶大な効果がある。




頃合いを見計らって嫁とアイコンタクト。


私 (こんなもんかしら・・・・・・)


嫁 (よし・・・・・)



子供達がどうしても言うことを聞かないとき、
『パパが怒るよ』 がウチの最終通告なのだ。


それでもなお聞かないときは、嫁が 『核のスイッチ』 を押す。



嫁 (ほれ、行け。)


私 (が、がってん!) 『ゴラァ!!!!!』





あぁ・・・・心が痛い・・・・・


ベソをかく子供達に、ひとしきりお説教をすませたところで任務完了。

私 『・・・・わかりましたか?』


ムスメ・ムスコ 『あい・・・・・・』



・・・・私が泣きそうだ。 ごめんな・・・子供達・・・・・。



とは言っても、私には言葉と行動だけで子供達を導く力はない。


誰か、ゲンコツ使わなくて済む方法、教えてくれないかなぁ・・・・・




私の父親は、私が悪さをすると容赦なくゲンコツを浴びせた。

しょっちゅう悪さをしていた私は、年中ゲンコツを食らっていたのだが
丸太のような腕と、岩のようなコブシから受ける強烈な衝撃に
不思議と恨みや屈辱を抱くことがなかったのは、おそらく父のゲンコツから
感情的な 『怒り』 を感じることが微塵も無かったからだろう。


父の 『子育て』 が正しかったかなんて、きっと一生わからない。
もちろん子育てに 『正しい方法』 など存在しないが、
少なくとも、最終兵器として君臨する父と、ゲンコツの痛みは
私にとってマイナスとなる要素は何一つなかった。


『怒らせると怖いオヤジ』 、 『強烈に痛いゲンコツ』 ・・・・・

非力な私は、父から受け継いだものを信じるしかないのだが・・・・

私の子供達に、伝わっているのかどうか・・・・・・




『怖いオヤジ』 も、簡単じゃぁないなぁ・・・・・・・





気がつけばカテゴリ 『おによめ日記』 が100回を超えていました。
何か月かぶりに 『お父さんの憂鬱』 で更新。
開設当初はコレばかりだったけど、いつのまにかおによめメインに・・・

ゲンコツには賛否両論あろうかと思いますが
どちらの方も仲良くクリックいただけると幸いです。

人気blogランキングへ
主婦ランキングにも男性の方のブログがあったので
勇気をもって引っ越そうと思っていましたが、その方が
こちらに引っ越してきてしまいました・・・・・引越し断念・・・・・


スポンサーサイト
* テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

私は短期バイトで子供の世話をするとき、言うことを聞かない子をなかなか怒ることができません。このままじゃひ弱なお父さんになってしいます…。やっぱり怒れるようになるのに苦労しましたか?

- from aqua -

----

>ゴラァ!!!!!
って兼業主夫さんが怒鳴られてるのかと・・・・・・。子供さん達もいつか兼業主夫さんのゲンコツに愛情があることに気がつくと思いますよ。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

- from アマランサス -

----

素敵な父親ですね^^

子供を叱ったあと、自分の心も子供と一緒に痛む・・・ ホント、そうですよね。

我が家の場合、『最終兵器』は私かな。。。
普段、それほど煩くいわないように気をつけているけど、ブチっと切れたときには、子供たち、即、聞きますv-12

でも、嫌な役。 大人になったとき、理解してくれることを祈ります^^

- from popo -

----

ゲンコツは子供が小さい時は
頭が未だ柔らかくてダメージが大きいと
思われるので御尻ペンペンはどうでしょう?
お嫁ちゃんにも時々威厳を見せたら効果大
?大人になったら影で母親の後押しが有った事にも気付くのでしょうね。
心を痛めた父親の愛情にも兼業主夫さんのように理解しますよ。きっと

- from こうぷ -

--理想的な両親ですね(^.^)--

エンマ様のような父親と、女神のような母親。
これが子育てには大事と聞いたことがあります。
最近では父親を子どもの前で馬鹿にする母親も多くて、子どもが父親を尊敬できない状態を作り上げていることがあります。
やはり父親は威厳があるほうがいい!
・・・って、私は思います。

怒ってる本人の心情は大変そうですが・・・

- from 嫁です -

----

父親が仕事で忙しく、なかなか家にいなかったため、怒られたことも叩かれたこともほとんど全くありませんでした。
だからかずおさんのお子さんが少し羨ましく思ってしまいました。だけれど、どこの家庭にもそこのやり方があるんだと思いました。
はぁ・・って思うこともあるけど、うちの父ちゃん好きです。。

- from micky -

----

私は父に怒られた記憶が全然ないのですが、昔何度か怒られたことを以上に記憶しています。母に怒られたことは記憶してないのに…(笑)

- from ゆな -

----

たしかに甘やかれて育つと
我侭な子に育ってしまいますね
これからも厳しくも暖かい父親であることを
祈っております。

ただ、お嫁さん側の方が
家事、育児、そしてあなた自身を
いたわっているのか心配にも感じたり。

いえ、「男はつらいよ」と
笑っているのだとは思いますが
深夜に起きてきて肩をもませたりするのは違うかな、と思いましたので

- from おみそ -

----

■aqua さん

お察しします・・・・・(´Д`;)
私も、子供が悪いことをしたときは心の中でも実際に怒ってはいるのですが、やはり 『おっかないお父さん』 は 『演じている』 状態です・・・・・
『子供のためになれば・・・』 と、自分の尻を叩きながら・・・・



■アマランサス さん

ありがとうございます。
私も、子供がいつか理解してくれることと、少なくとも私のしていることが誤りでないことを祈っています・・・・



■popo さん

ホントに、嫌な役ですよね・・・・
もっと自分の言葉に力があればなぁ・・・・と思い悩む毎日です。



■こうぷ さん
>頭が未だ柔らかくてダメージが大きい
なるほど、確かにそうですね・・・・考えなければ・・・・・

>お嫁ちゃんにも時々威厳を見せたら
私の威厳が張子の虎であることは、黒幕の嫁がいちばんわかっているので・・・・反撃に遭いそうです ( T ロ T)


■嫁です さん

同感です。そういう意味では、子供の前では口が裂けても私の悪口を言わない (むしろ威厳の象徴として教え込んでいる) 嫁には感謝です・・・・



■micky さん

怒らず、叩かずにmickyさんのように真っ直ぐ 『お父ちゃん好き』 と言ってくれる子に育つことが世界中の親の願いです。

mickyさんのお父さんが、私にはとても羨ましく感じますよ ( ^_^)



■ゆな さん

叱られたときの 『父からの教訓』 として記憶に残してくれるなら、父としてこんな嬉しいことはないですね。

でも逆に、感情をぶつけて恐怖や恨みとして記憶に残してしまうことだけは避けたいものです・・・・・



■おみそ さん

お気遣い、ホントにありがとうございます ( ^▽^)

でも大丈夫です。少なくとも私が仕事に出ている間は完璧に家事をこなしますし、子育てに対する嫁の誠実な姿勢は、私など足元にも及びません (*´∀`)

嫁の要求の大部分を受け入れ、実現してしまうのは私・・・・・・・
『おによめ』 も、嫁に甘い私が作り出した虚像なのかもしれません。

- from 兼業主夫 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト哀愁のゲンコツ・・・・・のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

兼業主夫

Author:兼業主夫
(けんぎょう・かずお)33歳
愛妻家で恐妻家
時折反骨心を覗かせ
嫁の逆ギレを受ける「軽いM」

もちろんリンクフリーですよ。

---------------------------
ひと目でわかる!
■『おによめ』インデックス


---------------------------
なんと!コンテストに挑戦したところ、『最優秀賞』の栄冠に!!
『ブログdeアフィリエイト コンテスト』
投票していただいた皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんにも1万円、当たりますように!(*´∀`)ノ
ブログ内検索
リンク

人気ブログランキング
ranking

---------------------------
ケータイからも、おによめ観察
---------------------------
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 前略、『おによめ』殿・・・ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。