ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  

information・・・

  
『まぁ、いいや・・・』 を合言葉に、嫁から与えられた試練を黙々とこなす毎日を公開中!
『おによめ』を反面教師としますか・・・? それとも、目指しますか・・・?

↓踊らされています・・・・
ブログランキングranking

クリックひとつで気力回復!

■11/14 コメントの返信が遅れています・・・・ホント、(;´Д`)ノごめんなさい・・・。   
 
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あら不思議!消えるお年玉 
2006.01.05.Thu / 01:08 
『お年玉』 なんて最後にもらったのはいつだったかな・・・・


と言いつつ、嫁の両親から非常に可愛がられている私は
義母から毎年お年玉をもらっている。


あ、ちょっと待ってくださいね。
『それ社会人としてどうなのよ』 と思う前に聞いてください。



普通なら遠慮すべき、むしろ両親にお年玉を贈るべき年頃なのだが
『お年玉』 を辞退できない理由があるのだ。




なぜなら、私は 『お年玉をもらっていない』


非常にありがたい義母のお心遣いなのだが
残念ながら義母は娘を甘く見ているようだ。

義母 『これで主夫さんに服でも買ってあげなさい』

嫁 『あら、悪いわね。渡しておくわ。(ウケケケケケ・・・)』



・・・お分かりであろう。
当然、私の手には5円玉一枚とも渡ることはない。


『服でも・・・・』 ならスカートや子供服
『美味しいものでも・・・』 なら米やダイエット食品
『旅行にでも・・・・』 なら帰りのガソリン


毎年、義母のセリフは変わるのだが
嫁が微妙に解釈を捻じ曲げてきれいに遣い切る。



それでも、ことあるごとに
『アンタはお年玉もらってるでしょ!』 と言われるのだ (記憶障害か?)

本当は断りたいのだが、そんな 『おいしいお小遣い』 を辞退するなど
嫁が許すわけがない。

私が遠慮しようとすると足を踏む。本当に踏む。
いや、ドラマなどではよく見る光景だが、
ウチの嫁は実際に踏む。痛いくらい踏む。




いや、いいんだけどね。
年齢的に問題はあるが結果的にはただの 『母から娘へのお小遣い』 だし・・・・

しばらくは 『30歳過ぎてお年玉受け取るムコさん』 を演じておくか・・・




人気blogランキング
ranking
ポチっと、ランクアップ!




スポンサーサイト
* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトあら不思議!消えるお年玉のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

兼業主夫

Author:兼業主夫
(けんぎょう・かずお)33歳
愛妻家で恐妻家
時折反骨心を覗かせ
嫁の逆ギレを受ける「軽いM」

もちろんリンクフリーですよ。

---------------------------
ひと目でわかる!
■『おによめ』インデックス


---------------------------
なんと!コンテストに挑戦したところ、『最優秀賞』の栄冠に!!
『ブログdeアフィリエイト コンテスト』
投票していただいた皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんにも1万円、当たりますように!(*´∀`)ノ
ブログ内検索
リンク

人気ブログランキング
ranking

---------------------------
ケータイからも、おによめ観察
---------------------------
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 前略、『おによめ』殿・・・ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。