ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  

information・・・

  
『まぁ、いいや・・・』 を合言葉に、嫁から与えられた試練を黙々とこなす毎日を公開中!
『おによめ』を反面教師としますか・・・? それとも、目指しますか・・・?

↓踊らされています・・・・
ブログランキングranking

クリックひとつで気力回復!

■11/14 コメントの返信が遅れています・・・・ホント、(;´Д`)ノごめんなさい・・・。   
 
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日誕生!!嫁の新必殺技 
2006.02.28.Tue / 00:46 
『ゴメン。 今日飲み会。 ゴメン。断るのは無理』


あぁ、こんな嫁の反応がわかりきった電話をするのも
アホらしいのだが・・・・仕方ない・・・・・


嫁 『 ( ゚ ∀ ゚ ) 』


私 『何とか一次会で帰るから・・・・ゴメンね・・・・・』


嫁 『 ( ゚ ∀ ゚ ) 』


私 『あの・・・・・・何かしゃべって・・・・・・』


嫁 『 ( ゚ ∀ ゚ ) 』


私 『じゃ・・・・ね・・・・・・・・』




さーて、嫁が本格的に怒ってるぞ・・・・・( T ▽ T)
今日はどんな手を使ってでも帰らないと・・・・・・



-------------------------------------------

私 『いよっ、部長! 飲め!ほら飲め (*´∀`)ノ!!』


エライ人 『ふはははは!何だよ!!飲むよ!コノヤロー ( `ロ´)!』


私 『いいですな! ほれ、泡盛も飲みなさい (*´∀`)ノ!!』


エライ人 『おぅ!!? おっ!美味うぃfへぉいなばうあー!!』




・・・・自主的に途中で帰るなど許されないので、仕方なく
いちばんエライ人をやっつける・・・・


私 『じゃ、タクシー代ちゃんと払いなさいよ!おやすみ!』



・・・・エライ人をタクシーに押し込み、
後に残った 『私の事情を知る人たち』 に別れを告げて家路に着く。


・・・・この間、わずか2時間半の早ワザだ。



で、9時半に帰宅。


私 『た・・・・ただいまー・・・・・ごめんね (´Д`;)・・・・・』


嫁 『 ( ゚ ∀ ゚ ) 』


私 『な、何とか1次会で抜け・・・・』


嫁 『 ( ゚ ∀ ゚ ) 』



な・・・何だよ・・・・・それ、新しい技・・・?


怖いよ・・・・・・・(゚д゚ ;)





本日誕生、嫁の新必殺技 『笑顔でシカト』。


今現在、まだ続いている・・・・・・・_| ̄|○







9時半に帰宅すれば上出来だろうに・・・
基本的に 『私だけが楽しむ』 ことを極端に嫌う嫁ですが
私の密かな楽しみ↓は、邪魔させません・・・・
人気blogランキングへ

応援クリック頂いた皆さん、ありがとうございます!
じわじわ、来てますよ・・・・・


スポンサーサイト
* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
タマゴで健康を害す・・・・・ 
2006.02.27.Mon / 01:48 
嫁 『あぁ!もう!大変!!!ちょっと、スーパー○○行ってきて!!』


私 『えぇ!?今から (゚д゚ ;)?』


嫁 『そう!スグ! この福引券、今日までなの!』


私 『うぅ・・・・・今はちょっと手が離せないから、後でね・・・(´Д`;) 』


嫁 『もう! 早くしてね ( ゚ へ ゚ )!』




・・・・バビルだって、ロデムにモノを頼むときはもう少し低姿勢
だったはずだが・・・・ (ははは。若い人にはワカるまい)
何でこの人、こんなにエラそうなのかしら・・・(公家の出か?)


それでも普段なら即 『イエス!』 と答えて家を飛び出すところなのだが
さすがに今回はそういうわけにもいかない・・・・


だって風呂でシャンプー中だったんだもの・・・・・




あぁ・・・・せっかくの日曜日、今日は久しぶりに 『温かいお湯に浸かる』
というささやかな贅沢を楽しみにしていたのに・・・・・_| ̄|○



というわけで30分後、横殴りの雨の中、びしょ濡れになりながら
嫁がよく行くスーパーで福引を無事済ませた私の手には、
『2等』 の景品がキラキラと輝いていた。


嫁 『あらぁ!やるじゃない! 早く着替えたら?』


私 『いや・・・あのさ、何で2等だったのに景品が卵1ケースなんだろ?
  ってか、 1等は卵2ケースだったみたいだけど・・・・・』


嫁 『当ったりまえじゃない! そりゃあ、そんな高い景品出ないわよ。
  毎週やってる福引なんだから (゚д゚ ) 』



私 『なっ何だよ!そんなショボい福引なら、先に言ってくれよ ( `ロ´)!』


嫁 『何言ってんの!?卵1ケースもらえるんだから、どう考えても
  行かなきゃ損でしょ!!( ゚ 皿゚)!?』




・・・・いや・・・・そうじゃなくて・・・・・

私 『もう夜で、俺がシャンプー中で、自分も雨降ってるから行きたく
  なかったらさ、卵1ケースぐらい、普通は諦めない (゚д゚ ;)?』





嫁 『?ぜんぜん諦めない ( ゚ ∀ ゚ ) 』





うーん、さすが嫁。 ナイスガッツ!


いやいや、ガッツあるのは明らかに 『暴風雨注意報の中、風呂上りに卵1ケースを貰いに行った私』 だ・・・・・。

でもこれで風邪でもひいたら
きっと 『たるんでる!』 って、怒られるんだろうなぁ・・・・・





というわけで、
皆さんの温かい応援クリックで、雨と強風で冷え切った私の心と体を
ヤケドするほど暖めていただけないでしょうか・・・・・

人気blogランキングへ

何だかんだで2位・・・・ありがたいやら、畏れ多いやら・・・・・(´Д`;)
総合ランキングでも200番台前半に到達!

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
おいおい、仕事休んじゃったよ・・・・ 
2006.02.26.Sun / 01:10 
生まれたとき・・いや、妊娠した瞬間から始まるお受験レース。

田舎でまったり暮らす私たちも、 『幼稚園の面接』 をきっかけに
血で血を洗う 『お受験戦争』 に巻き込まれてしまうのか・・・!




--------------------------------------------------

『わかった!? 上司にケガさせてでも、土曜日は休んでよ ( `ロ´)!』


嫁の言いつけどおり、『お・・・おい! 休むんですか (゚д゚ ) ?』
みたいな顔で私を見つめる部下を振り払い、無理やり休暇をとった私は
ムスコが春から通う幼稚園で立ちすくんでいた・・・・・

--------------------------------------------------


今日は幼稚園の 『面接』 ・・・・・・


私 『え・・・? 俺も行くの (゚д゚ ;)?』


嫁 『!? あ~~た~~り~~ま~・・・・・( ゚ 皿゚) 』


私 『ハイハイ! 当たり前だよね (´Д`;)! 行く行く!』




都会の 『○○付属幼稚園』 じゃあるまいし・・・・
両親も揃って面接なんて・・・何かエラそうだな・・・・




というわけで、やって来ました幼稚園。

・・・着くなり顔見知りのお母さんを見つけておしゃべりに夢中になる嫁。


ふと辺りを見回すとお母さんばかり。 お父さんは私だけ・・・?

・・・・・はて・・・・・・


私 『ねぇ・・・・お父さん、来なくていいんじゃないの・・・?』


嫁 『?そうだよ?来ちゃダメってことはないけどね。
  面接もどうせ、親は入れないし。』


私 『なっ!? じゃぁ俺、今日は何したらいいの (゚д゚ ;)?』


嫁 『ムスコが泣いたり暴れたりしないように見ててよ。』


私 『それだけ!? じゃぁ俺、来なくてもよかったの (゚д゚ ;)!?』


嫁 『だからぁ!( ̄ヘ ̄ ) 、そしたら誰がムスコ見るのよ?』





おっ・・・! お前だ!!!\( `ロ´)/!!!


・・・・いや・・・来てしまったものは仕方ないが・・・・ムスコは教室に
入ってしまったし、嫁はおしゃべりに夢中だし・・・・暇だな・・・・・



・・・・・どれどれ、ムスコは上手くやってるかな?
気難しいお方なので、きっと面接になってないだろうな・・・・


と思いきや、
ガラス越しに覗いてみると、『幼稚園で一番美人』 と評判の先生と
にこやかに対談中。 かなりご満悦の様子だ。


あぁ・・・きちんと先生の言うことを聞いて、マトモな幼稚園生活を
おくれるか心配だったのだが・・・・・

( 『美人が担任』 という条件付きだろうが ) 良かったなぁ




私 『おい!ムスコがあんなにおりこうさんに (* ´ ∀` )!!!』


嫁 『・・・へぇ!ホントに足の先っちょから痛くな・・・・・』


私 『おい・・・(・∀・;)・・・』


嫁 『あははは( T ▽ T)!じゃあダンナさん卵とか全然ダメな・・・・・・』



全然聞こえてないよ・・・・・
ムスコの成長と痛風の話と、どっちが大事なんだよ!!\( `ロ´)/!!




・・・結局、最後までおしゃべりに夢中だった嫁。


嫁 『あぁ、いいのいいの。面接ったって、都会の幼稚園じゃあるまいし
  別に合格も不合格もないんだから ( ゚ ∀ ゚ ) 』


・・・・・・・・・・あぁ・・・・そう・・・・・・・・・・
じゃぁなおさら、別に私が来る必要もなかったわけね・・・・・

だったら最初から 『顔合わせ』 っていいなさいよ!!( `ロ´)!!



ま、結果的に、嫁に思う存分おしゃべりを楽しんでもらうためだけに
仕事を休んでしまうような私は、

出世できそうにもない・・・・・・





出世欲持ってたらこの仕事(ウチの嫁の夫)は勤まりませんが・・・・
『アンタは○○位』 と言われると、つい燃えちゃう男の子の欲望・・・

人気blogランキングへ

ランキング1コ上位のブログ、何と 『鬼嫁日記』 のイラストを
描いている絵理すけさんでした Σ( ̄ロ ̄|||) ビックリ!
実は・・・・大好き。 ・・・・・・緊張するっス・・・・


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
『ケータイチェック』 にビビり始める・・・・・ 
2006.02.25.Sat / 01:36 
昨日は大変失礼いたしました・・・・(;´Д`)ノ

今朝、起きると同時に一瞬、
『あぁ・・・・昨日は更新できなかったな・・・』 と落ち込んでしまったのに、
パソコンを立ち上げると更新されていたので少々ビックリ。

酔って書いた文章というのは 『これ・・・俺が書いたのかな・・・・?』 と、
ちょっと新鮮に感じてしまうものです。

---------------------------------------------------------

さて、意地になって毎日更新した甲斐があって、いつの間にか
『おによめ日記』 のカテゴリが軽~く 100件を超えている。

よくもまぁ、嫁の悪口を100回も世界中に発信したものだ。


しかしながら、ウチの嫁も 『おによめ』 ではあるが
鬼でも悪魔でもない。

こう毎日更新していると、さすがにネタも尽きてくる・・・・・








なんてね・・・・( ゚ ∀ ゚ )


幸いにも、1日1回の更新に対して、嫁は皆さんにお伝えしなければ
ならないようなネタを2つ3つは提供してくれるので、
その心配はまったくない。(『幸い』 でもないな・・・)



とは言っても、『けっこうヒドい仕打ち』 が日常化しているため
何が普通で何がヒドいのか解らなくなってしまうので
何かされたときや何か言われたときは、忘れないように
ケータイのメモ機能をつかって記録している。


つまり、『ネタ帳』 。



すぐに容量が一杯になってしまうのが難点なのだが、
何より困るのが 『変換履歴記憶機能』 。


一度文字を入力すると、次からは1文字押すごとに変換履歴が
表示される 『優れモノ』 だ。


一般的にはね・・・・・





嫁 『 「ごべんたつ」 って、どう書くんだっけ・・・? あ、パパ、
  ケータイ貸して?』

・・・・・・

嫁 『えーと・・・・べ・ん・た・・・・・・・あれ・・・?なにコレ?
  「便器に」 ・・・・って・・・? 勝手に漢字が出るんだねぇ!』



え・・・・? 何だソレ?


私 『?ちょっと貸して?・・・・・あ、ホントだ。』




・・・・念のためボタンを押した瞬間、ちょっと凍りついた。


『便器に』
  ↓
『手を』
  ↓
『突っ込まされた』



ボ、ボタンを押すごとに 『おによめネタ帳』 がまるハダカに!!!!



おネエちゃんの名前ひとつ入っていない私の 『清いケータイ』 は
基本的には嫁がイジるのも自由にさせ(られ)ていたのだが・・・



これはマズいな・・・・・



案の定、『ぜ』 と打ち込むと、

『全裸で』
  ↓
『風呂掃除』




こっ・・・・こらーーー!!!\( `ロ´)/

余計な機能をつけちゃぁイカん!!!!!






『ケータイ触るな』 なんて口が裂けても言えないし・・・・
どうすればいいのか全く思い浮かばないのですが
皆さんの応援クリックがあれば、いい解決策をひらめきそうです・・・

人気blogランキングへ

大変ありがたいことに、2位に大躍進!
でも・・・・『主婦』 ランキングに 『主夫』 が参戦していいものか・・・・



* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
おによめ、『酔拳』に屈する! 
2006.02.24.Fri / 00:31 
いや、まあ・・・何と言うか・・・・・・

軽い泥酔状態でしてね、思考能力はほぼゼロなんですけど
意地でも毎日更新するぞ! って決めてるモンですから

お見苦しい点ございましたら、今のうち謝っておきますね。

ごめんなさい・・・・





で、まあ普段からアレなんですが、やっぱりマトモな文章書くのは
どうしても無理そうなので (断腸の思いで、たくさん頂いたコメントにも
お返事できないことはご容赦くださいね) つい先ほどの出来事を
チラッと紹介して、今日は眠らせていただきますよ・・・・





私 『たたたた・・ただいまぁ・・・・・(*´∀`)ノ 』



嫁 『ふははははHA!!! ご機嫌じゃないですか! ちょっとココまで
歩いてきてごらんなさい ( ゚ ∀ ゚ ) 』




『今日中』 に帰宅しているにも関わらず、いきなり嫁の 『飲酒検問』 。


私 『な! 何言ってンの!? 今日はぜーんぜん飲んでないんふぁsぃて』



・・・・と、嫁の前で美しいS字カーブを描いた私は、それでもなお
ニコニコしながら 『気を付け』 の姿勢で嫁の前に立っていた。




嫁 『あのねぇ、今ウチがどういう・・・・・』



とまあ、嫁が何を言っているか、ぜーんぜんわからなかったのだが
とにかく、10分ほど怒られていたらしい。



どうもね、私が飲んで帰ってきたときに、ご機嫌でニコニコしているのが
無性に腹立つらしくて・・・・・

さっきは結構イジメられたらしいのだが・・・・


いやぁ、酒の力ってのはスバらしい。



いくら嫁に怒られたって、精神ダメージゼロ!!




『んじゃ、おやすみー!!』 と、嫁のホッペに無理やりブチュっとして
何だか知らないけど、その場は治まってしまった。


いやぁ・・・・普段からこんな力が発揮できれば、
私も怖いものなしなんだけどね・・・・・・



明日はどうせ、我に返った私を改めてイジメ直すんだろうなぁ・・・・





ふははは。 でも今はそんなこと、どうでもいいや。

おやすみなさい・・・・・・・






冗談抜きでね、本当に酔っ払ってるんですよ。
でもね、酔っててもやっぱり応援クリックはありがたいわけで・・・・
きっとそれは、明日朝イチでイジメられるであろう私の
重要な活力となるわけで・・・・・ま、とにかく。

人気blogランキングへ

実はひっそりと、ものスゴい勢いで上昇してるのです。
もうね、後ろに皆さんがついていると思うと、何も怖くありません!


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
12年後のオリンピック選手を育ててみよう 
2006.02.23.Thu / 00:49 
春が近づき、暖かい日が増えてくると、休日の小高い丘やスキー場には
小さい子どもにスキーを教えるお父さんの姿が目立つようになる。



・・・・・もう一回言おう。  『休日』の・・・・・


-------------------------------------------------

嫁 『ちょっとパパ、そろそろムスメにもスキー教えなきゃね。』


私 『あぁ、そうねぇ。 今度の日曜日でも教・・・・』

嫁 『ダメよ!!日曜日は入学式の服(嫁の)買いに行くんだから!
  今日、天気いいみたいだから早く帰ってきてね』


私 『きょ、今日(水曜日)!? 俺が帰ってからスキー場行くの!?』


嫁 『まさか。リフト代かかるじゃない。 家の前の雪山でいいでしょ?』



・・・・確かに、家の前には除雪してできた雪の山がある。
6歳の、決して運動神経が良いとは言えないムスメが練習するには
最高だ・・・・・・・・昼間なら・・・・・・


嫁 『じゃ、お願いね! 何があっても早く帰ってきてよ!』



--------------------------------------------------

・・・・・・というわけで、午後7時過ぎ、家の前の2メートルほどの
雪山の上には、長靴・軍手・薄っぺらいスキーウェア姿の私と
新しいスキーを履いて目をキラキラさせるムスメの姿があった。



私 『・・・・じゃ、始めようか・・・(;´Д`)ノ・・』

ムスメ 『はーい!!!うきゃきゃきゃきゃ (>▽<) !!!』


嫁 『がんばってね! あ、そうそう、ムスメのスキーウェア、
  明日も使うから絶対濡らさないでヨ (゚д゚ ) !!!』



・・・今日は昼間の雪解けで辺りは水浸し・・・・・
『濡らすな』 ということは、6歳児を転ばせずにスキーを教えろと・・・?


・・・・・まあいい。生まれて初めてのスキーに大ハシャギのムスメと
精一杯、楽しい時間を過ごそう。



でも・・・・・・・・・寒い (´Д`;) !!!

今日は暖かかったとはいえ、ここは2月の北海道。
30分もすると、スキーを教える声も震えてくる・・・・


私 『寒いから今日はこれぐらいにし・・・・・・』


ムスメ 『ぜーんぜん、さむくないってば! がんばってよ ( `ロ´) !』
(うわっ・・・!!言い方が嫁そっくり・・・・・)



・・・・そりゃそうだ・・・・・君の着ているスキーウェアは高級品・・・・・

パパの着ているウン千円のスキーウェアには、(もちろん軍手にも)
防寒機能はないのだよ・・・・・・。


しかも 『ムスメのウェアを濡らすな』 という嫁の言いつけを守るため
ムスメの代わりに転びに転んだお父さんは、全身びしょ濡れ。

明らかに、パンツまで濡れている。


ムスメに教えてるんだか、私が特訓を受けているんだかわからない・・・
・・・もう、限界です・・・・・_| ̄|○



------------------------------------------------
滑るごとにテンションの上がるムスメを何とかなだめ
午後8時過ぎにようやく家に入る。



私 『ただいま・・・・やはりね・・・・・平日はムリだよ・・・・・・(;´Д`) 』


嫁 『そんなこと言ったって、日曜日は春まで予定一杯なの!
  教えないワケにいかないんだから、平日頑張るしかないでしょ!!』



・・・・『日曜日の予定』 って、全部アンタの買い物じゃないか!!!

せめて運転手に頼らないで一人で行っ・・・・・


嫁 『ツラかったら、次は会社早退してもいいよ( ゚ ∀ ゚ )?』






『いいよ?』 って・・・・アンタ社長かよ!!\( `ロ´)/!!





会社と、ある意味社長よりはるかに強い命令権を持つ嫁との
板ばさみで苦しむ私も、皆さんの応援さえあれば
押しつぶされずにすみそうです・・・・・

人気blogランキングへ

~お知らせ~
クリックいただきたいのはヤマヤマですが、上記のランキングへの
リンクは、 『クリック=このブログへの投票』 となります。
クリックするとランキングページが表示されるとともに
『おによめ』 に順位ポイントが加算されます。

『おっお前になんか、投票するか\( `ロ´)/!』 という方は
くれぐれもクリックなさらぬようご注意くださいね!


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
強制的 『わらしべ長者』 
2006.02.22.Wed / 01:12 
嫁 『なーにーにーしーよーうーかーなー♪ ふふふ( ゚ ∀ ゚ ) 』




朝イチからジャイアンのような歌声・・・・・・


・・・・・何スか・・・・・・(゚д゚ ;)?


今度は俺、何をさせられるんですか・・・・・・(´Д`;)?




嫁 『ホワイトデー。 もうすぐだね ( ゚ ∀ ゚ ) !』




『もうすぐ』 ではないよ・・・・というツッコミは後にして・・・・


私 『あ・・・あぁ、そうね・・・・・。バレンタインデーは俺が買いに行って
  しかも足りなくて俺が追い金して、君と子供達でぜーんぶ
  食べちゃったけど、お返ししないとね・・・・・・・( -_-) 』


嫁 『なっ・・・・何ソレ!? 何てかわいくない・・・・・( `ロ´)
  しょうがないでしょ!ちょっとしか入ってなかったんだから!』


・・・・ちょっと待て。 キレどころがおかしいぞ!?

ちょっとしか入っていなくても、
通常はその 『ちょっと』 を食べるのは私だろう!?



あ、いや、甘いもの大好きってワケではないので、いいんだけどね・・・・。





そんなことより、ホワイトデーのお返し・・・・
当然、嫁が 『クッキーか、ケーキか』 なんて悩んでいるワケがない。



まさか 『ヴィトンか、エルメスか』 ・・・・・ってことはサスガにないか。



バレンタインデーの時に 『イタリア人は男がプレゼントするんだって!』

と、私にプレゼントを要求した嫁。




・・・・なので、いちおう言ってみた。


私 『イタリアにはホワイトデーなんて無いよ ( ゚ ∀ ゚ ) ?』



嫁 『イタリア関係ないでしょ!!!ここニッポン!!\( `ロ´)/!!』



よし! ピッタリ予想通りのリアクション!!
ふはははは。 




まあ、何がほしいのかは知らないが、好きなモン買ったらいいよ。

どうせ私の小遣いで買うわけじゃぁない。
(私の小遣いで買えるようなモノは眼中にないだろう)



私の生活にはぜーんぜん影響ないモンね!






とは言いつつ、バレンタインデー(千円)のお返しが、
きっと何万円にもなるんだろうな・・・・と思うと
ちょっぴり胸が張り裂けそうですが、
皆さんの応援クリックが、私の心の接着剤に・・・・

人気blogランキングへ

『日記・雑談』 1位ブログの背中が見えた!! と思ったら、
ポイントが 『2ケタ』 違いました・・・・・すっげぇ (゚д゚ ;)!



* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
『床屋』 と 『美容室』 の癒し勝負 
2006.02.21.Tue / 00:00 
村一番のオシャレさんである私は、常に清潔感と洗練されたフォルムを
保つために、2~3週間に一度は馴染みの床屋さんでカットしてもらっていた。


・・・・・結婚前はね・・・・・・



今となっては、少ない小遣いから床屋代を捻出する都合上、
3か月に1度しか行けないのだが、今でも結婚前と同じ床屋に通っている。


かれこれ10年以上になるだろうか・・・・
私の好みと髪のクセを知り尽くした床屋の 『おっちゃん』 が、
徐々に 『じいさん』 になっていく過程を知るほどの付き合いだ。



散髪中に屁をこくし、大相撲が始まると顔に蒸しタオルを置いたまま
テレビに見入るようなオヤジなのだが、その緊張感のなさが私のお気に入りだった。




だった・・・・・



3か月に一度、私がくつろげる憩いの場所は、
嫁によってあっさりと奪われてしまった・・・・・・



嫁 『明日、美容室予約したからね ( ゚ ∀ ゚ ) !』


私 『え?・・・・誰の・・・・(゚д゚ ;) ?』


嫁 『パパのに決まってるでしょ? 私が行ってる美容室、アタシと一緒に
  パパもカットしてくれるってさ』


私 『ヤダよ!美容室なんて、そんなハイカラなとこ、行きたくねぇよ (;`ロ´)!』


嫁 『家族でカットしたら割引になるのよ!!!
  イヤなら千円もやめるよ!!\( `ロ´)/!』


--------------------------------------------------------
(注)千円・・・・・いくら3か月に一度とは言え、月6千円の小遣いから床屋代を
  支払うことは困難極まりないため、1回ごとに嫁から千円の補助が出る。
--------------------------------------------------------


私 『あぁぁぁ・・・・そ、それは・・・・・でも、てっちゃん(床屋のオヤジ)が・・・』


嫁 『3か月にいっぺんしか来ない客がヨソ行ったって、気づかないわよ!』


・・・せ、正論だが・・・・それは小遣いをくれないアンタのせい・・・・・

嫁 『じゃ、10時ね ( ゚ ∀ ゚ ) 』





・・・・・というわけで次の日、たった千円のために10年来の行き付けを
捨てた私は、華やかで、なんとも居心地の悪い美容室のイスに座っていた。


美容師さん 『さて、どうしましょうか』

私 『あ・・・適当に。 お任せしま・・・・・』

嫁 『妻夫木くんになります?』


私・美容師さん・他の客・通行人  (なるか!!( `ロ´) ( `ロ´) ( `ロ´)!)



美容師さん 『あ・・・ハ、ハイ。 じゃ、こんなイメージで・・・・・』


美容師さんが見せてくれたファッション誌では、妻夫木聡くんが
『あは。僕になるんですか?』 とニヤニヤしているように見える。

くそうぅ・・・・嫁め・・・・・こんなトコに連れてきやがって!!( T ロ T)!




で、早速カットを始める美容師さん。

どれどれ。お手並み拝見といこうか。

むぅ・・・・・なかなか手際がいい。 まあ、場末の床屋とはさすがに違うか・・・・


でも、てっちゃん(床屋)が創り上げる 『オヤジの癒し空間』 には敵うま・・・
あ、シャンプーですか? はいはい。


席を移動して若いお嬢さんにシャンプーしてもらう。

てっちゃんの、ゴツイ手でテキトーに済まされるシャンプーと違い
細くしなやかな指先が私の頭皮を優しく丁寧に洗い上げる。

ぬぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・癒される・・・・・・・・・・(〃´ー`)=3
キャッ! 顔が近いよ!(*`▽´*)!!


ま・・・・まぁ・・・・アレだ・・・・・・・
美容室ってのも、まんざらでもないかな・・・・・(* ´ ∀` )


でもね・・・ヒゲも剃ってくれないし、マッサージもないしね・・・・・・

・・・・・え? してくれるの?



今度はまた違う女性が、こり固まった私の肩や首を
優しくもみほぐしてくれる・・・・・・

うぃー・・・・・・・・・・こりゃぁ、いいや・・・・・・・(〃´ー`)=3


頭も体も関係なしに、アンマ器を豪快にブイブイ唸らせる
どこかの床屋とは大違いだ・・・・・・


気に入った!!!また来るぞ!美容室!




--------------------------------------------------

嫁 『あら!妻夫木君じゃないけど、良くなったじゃない!』


私 『ふふふ・・・・美容室もなかなかイイじゃないか。 ありがとね。』


嫁 『でしょ?  あ、会計立て替えといたからね。 3千5百円。』



・・・・あ・・・・やっぱり私は自分で払うのね・・・・・・


私 『・・・・って言うか、てっちゃんトコより高いじゃないか ( `ロ´)! 』


嫁 『調子に乗ってシャンプーとかマッサージとかしてもらうからでしょ!
高いと思ったら次はカットだけにしなさいよ!! ( `ロ´)!!』





・・・・結局、『家族割引』 で安くなるのは嫁の分だけだったようだ・・・・・

何だか、ダマされたような感じもするのだが・・・・

お小遣い貯めて、また来よっと。







馴染みの床屋のことはアッサリ忘れてしまうほど冷たく凍りついた私の心は、
皆さんの暖かい応援クリックで・・・(あ・・・だめだ・・・・無理があるなぁ・・・・・・)

人気blogランキングへ

いつもたくさんの応援クリック、ホントにありがとうございます!


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
『最高級食器洗い機』は疲れ気味・・・・ 
2006.02.20.Mon / 01:31 
私の小遣いの額などから、一見ものすごい貧乏に思われて
しまいがちな我が家にも、『食器洗い機』 などという
分不相応な近未来マシンが台所に鎮座している。


なんとも、便利なものだ。

食器を並べて、洗剤をふりかけて、ボタンを押すだけで
気が付けば食器はピカピカ。


これを使わない手はない。

が、 ウチの食器洗い機に電源が入ることは滅多にない。




『手で洗うより水道代は得だが、電気代がかかる』
『けっこう時間がかかる』
『微妙にウルサイ』

など理由はいろいろあるのだが、どれもこれほど便利な
家電製品を封印するほどのものではない。



嫁に食器洗い機の使用をためらわせる理由は・・・・・・


『性能が悪く、面倒くさい』 ことなのだ。



いや、決して安物ではない。
むしろ、そこそこの値段のする、割と高性能なモノだが、
嫁に言わせれば 『役立たず』 ・・・・



まあ、夕食後しばらく待てば

静かに・迅速に・丁寧に食器を洗う、決して故障しない
『超高性能食器洗い機』 が、
『たーだいまー (* ´ ∀` ) 』 と笑顔で現れるのだから仕方ない。


しかも、
『食器洗い機に食器を並べてスタートボタンを押す』 と
『食器をシンクに重ねて、帰宅した私にウインクする』 

圧倒的に手間がかからないのは、当然後者だ。




とは言っても、嫁も鬼ではない。

『食器洗い機?別に使ってもいいよ( ゚ ∀ ゚ )?』 と、
私が食器洗い機を使うことまで妨げることはない。


ありがたいことだ・・・・
さすがの私も、疲れてドロドロになって帰ってきたときは
機械に頼りたくもなる。





私 『あれ?洗剤どこ?(゚Д ゚ ≡ ゚ Д゚)??(専用洗剤が必要)』


嫁 『ん?ないよ? だって、使わないもん ( ゚ ∀ ゚ ) 』




・・・おいおい、使わないのはアンタだけだろ!!\( `ロ´)/!!!



嫁 『いいじゃん。『ジョイ』 があるんだから ( ゚ Д゚)!!!』




なんだ・・・・結局 『手で洗え』 ってことかよ・・・・・_| ̄|○






そんな訳でウチの台所には、今日も 『高性能』 食器洗い機を横目に
静かに茶碗を洗う 『超高性能』 食器洗い機の姿が・・・・・・




一家に一台、 静音・高速・食器の形を選ばず滅多に壊れない
『超高性能』 食器洗い機。
お買い求めは、下記 『人気ブログランキング』 で!!

人気blogランキングへ



* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
家も会社も嫁だらけ・・・・・ 
2006.02.19.Sun / 01:46 
厳寒の北海道に住む私たちは本来、スキー場関係者以外は
春が近づくに連れ心が躍るものなのだが・・・・


ウチではそうも言っていられない・・・・



春からムスメが小学校、ムスコが幼稚園。 何せ出費がかさんで
とてもとても春の訪れをやんわりとした気持ちで待つことができない。




嫁 『あぁ・・・・私もそろそろ仕事みつけないと・・・・・』


私の小遣いを中心に節約に節約を重ねて不景気を凌いできた嫁も、とうとうムスメを妊娠して以来の仕事復帰を考え始めたようだ。



嫁は今でも時々、
『アンケート1枚百円』 だの 『時給1500円の街頭調査』 だのという、
裏社会のニオイを漂わせる相場のバイトを見つけてくる。


私の調べた限りでは、違法性も見当たらなかったのでとりあえず安心しているのだが・・・・


それじゃぁダメなのだ。 在宅でできる仕事は大抵私に回され、
私が徹夜して仕上げることになってしまう。


なので今回の、外で仕事をするという嫁の決意は大歓迎だ!

家でひたすら子供の相手をするよりは
外で仕事をしたほうがよほどストレスはたまらないだろう。

私への風当たりも少しは弱まるってもんだ。




私 『いいねぇ!結婚前にしてた仕事、また始めてみる?』


嫁 『イヤよ!あんな地味な仕事!(何かの電話オペレーター)
  何かもっとこう、華のある仕事がしたいの ( ゚ へ ゚ ) !』



私 『華の・・・・・??????』


嫁 『そう。華があって、朝9時から2時くらいで、給料はボチボチで
  いつでも休みがとれて・・・・・・・』


俺がやりたいよ・・・そんな仕事・・・・・(;´Д`)ノ


嫁 『そうだ! パパの会社、バイト募集してないの ( ゚ ∀ ゚ ) ?』




きゃぁぁぁあぁぁぁぁあぁ!!!!!( `ロ´)



やめてくれ! 会社にまで嫁がいたら、一体私はどこで
心を休めればいいのだ!!!

のび太だって、家に帰ってまでジャイアンがいたら
相当ヘコむだろ!!!



ちょっと想像してみた・・・・・
--------------------------------

上司 『ちょっと、これコピー頼む。』

嫁 『ハイッ!わかりました!   パパーー!!これコピーね!』

上司 『お茶。』

嫁 『ハイッ!   パパーーー!!!お茶!』

---------------------------------

ははは・・・・無理無理 _| ̄|○



私 『あ・・・・いや・・・・給料安いし休みもとれないよ。
  そもそも、俺の会社に 『華』 なんてないでしょ・・・・・・・・』


嫁 『そうだけどさ(全肯定かよ!)・・・・・
  念のためにバイトの募集ないか聞いてみてね!』




・・・・・参ったな・・・本気で 『私の会社でバイト』 、したいらしい・・・・



誰か、私の会社からできるだけ離れた 『華があって給料も勤務時間も
ボチボチで・・・・』 なんて仕事、紹介してあげてください・・・・・・・





でも嫁が就職しちゃうと間違いなく私の家事負担が倍増しちゃうけど
せめて応援クリックも倍増するなら、私の心は救われます・・・・

人気blogランキングへ

『日記・雑談(主婦)』 ランキングへ移転しました・・・・
主婦の皆さんの間で小さくなって頑張っています!


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
安月給の限界点・・・・・ 
2006.02.18.Sat / 01:53 
左ハンドル、ピアノ、ビフテキ・・・・・・・



子供の頃、『金持ち』 と聞いて連想できるのはこの程度だったのだが

今ではどれも、特に努力をしなくても手に入るようになってしまった。
贅沢な世の中だ。


実際、こんな安月給の私のムスメも、一丁前にピアノなどを習っている。


もちろん、家での練習は安い電子キーボードなのだが、
習い始めて3年目。どうやら練習も本格的になってくるようで、
今まで音感に絶望的な障害をもつ嫁が自宅での指導を
必死で担当していたのだが、もう限界だ。


嫁 『そこはね、ドソラ~♪』


ムスメ 『?????』


嫁 『あれ?えーと、♪ドソラ~?』

・・・熱意はひと一倍なのだが、
嫁が歌うと全てが 『遅いラップ』 に聞こえてしまう・・


ムスメ 『違うよ? ドソラ~♪ だよ?』



・・・・おぉ、いいぞ、ムスメ! 

お母さんの幻術に惑わされずに自分の音感を信じるんだ!




嫁 『ちょっと、何?その笑顔 ( `ロ´) !! 人が・・・・・・・・
・・・・いや、いいわ。私には無理。パパが教えてあげて・・・・・_| ̄|○ 』



さすがの嫁も、自分の限界をよく知っている。


私 『よっしゃ! ムスメ、一緒に弾こうぜ!』

ムスメ 『キャー!やったぁ ( ゚ ∀ ゚ )!』



・・・うふふふ。ムスメとの連弾・・・・・・幸せ・・・・・・・


私・ムスメ 『チャララ~ン♪、チャンチャン♪ 楽しいねぇ (* ´ ∀` ) 』



嫁 『違う違う、ズレてるよ! そこは チャ~ラララン♪ でしょ!』


私・ムスメ 『???(゚д゚ ;) (゚д゚ ;)????』


どうしても黙っていられない嫁。
・・・・わかった!熱意は認める。
でも、いちばんズレてるのは、君の口から出る呪文だ。

6歳児になら、私でもまだ教えることはできる。(楽譜は読めんが)
まあ、黙って 『お父さんピアノ教室』 に任せなさいって。



私 『お父さんピアノ教室は月謝1000円でいいよ (* ´ ∀` ) 』



嫁 『はぁ?何言ってんの!? ピアノ買わなきゃならないんだから
来月からまたお小遣い5千円に戻すからね ( `ロ´) !』


キャァ! 何だよ、冗談は笑って言ってくれよ ( T ▽ T) !



私 『ピ、ピアノって、ホンモノの・・・・(゚д゚ ;) ?』


嫁 『当たり前でしょ ( `ロ´) ! キョンキョンじゃあるまいし、
  今どき紙のピアノなんて・・・』


私 『いや・・・紙じゃなくて (年齢バレるよ)、電子ピアノ。』



確かに、これから練習が本格的になってくると、さすがにジャパネットの
安っすいキーボードでは、もう限界だ・・・・・


でも幸い、今の時代は電子ピアノみたいなのがたくさんあって
10万円もあればまあまあ、何とか凌げるモノが手に入るらしい。


とは言っても10万円は大金だ・・・どうにかやりくりし・・・・


嫁 『だめだめ!電子ピアノなんて。やっぱりホンモノじゃないとね!
  今度の日曜日、買いに行こうか?』



・・・うおぉ!何だ、その軽さは?


私 『え・・・でもホンモノのピアノって・・・高いよね・・・・』


嫁 『ん?そうね。 80万くらい。』



はははは、はちじゅうまん?




おい、待て! 私にたった6千円の小遣いを渡すときでさえ
あんなに悔しそうな顔をするほどお金大好きな嫁が

は、はちじゅうまん!?





・・・・いや、まあ、いいのだ・・・・・



子育てや教育に関しては手間と金をまったく惜しまない嫁の
スタイルには、軽い尊敬すら感じているからね・・・・
(でもピアノはまだ買わんぞ!!!)



しかし・・・私が10年以上使っている電気カミソリに穴が開いて、
刃が剥き出しになっていても決して買ってくれない嫁の口から
軽~く 『80万円』 なんて言葉がでてくると、
ちょっと切なくなってきますが・・・

そんな切なさとアゴの切り傷を癒すのは、やっぱりコレ

人気blogランキングへ

かねてからの夢、『日記・雑談(主婦)』 への引越しをとうとう
実行してしまいました・・・・・
今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします・・・・

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
場所とりに、生命を賭す・・・・・ 
2006.02.17.Fri / 00:00 
ここ数日、北海道は軒並み零度を超える 『陽気』 に包まれている。



『パパしか使わないから』 という理由で暖房を切られている
パソコン部屋 (子ども部屋を間借り) も、指先が凍えることなく
軽快にキーボードを叩くことができる。


あぁ・・・・・もうすぐ長い冬が終わるのね・・・・・・



と、しみじみ感じると同時に、つい先日の忌まわしい記憶がよみがえる・・・・





嫁 『明日、何時に起きる? 4時くらい? ( ゚ ∀ ゚ ) 』



・・・・明日はムスメの 『卒園発表会』 。
楽器演奏あり、芝居ありの、限りなくおゆうぎ会に近いものだが
卒園を控えた園児たちの成長を父母に披露する、幼稚園生活の集大成だ。


当然、嫁の気合の入りようは尋常ではない。

中央最前列の一等席でムスメの晴れ舞台を拝むことに
ただならぬ執念を燃やしている。




当然、『場所とり』 は私の仕事なのだが・・・・・・・



嫁 『ばっちり準備できてるよ! 敷物に、スキーウエアに、カイロ。
靴下も2枚重ねたほうがいいよね。 じゃ、頑張ってね!』



????スキーウエア?????


私 『?発表会って、外でやるの?』


嫁 『違うよ?市民体育館。 7時まで中に入れないから、外で並ぶんだって。』


私 『7時? じゃ、6時半くらいに行けばいいのか?』


嫁 『なっ!何言ってんの!? 5時にはみんな並んでるんだよ!?
5時前に行かなきゃ、一番前なんて取れないじゃない!( `ロ´) 』


私 『ごっ、5時? 2時間? 外で? (゚д゚ ;) 』


嫁 『そう。5時。2時間。外で。 だから今日は一人で寝てね。
パパが起きるときに子ども達まで起きちゃうから。』




・・・・・また始まったぞ・・・・・大げさなヤツだ。

去年のおゆうぎ会も、『みんな朝6時から並んでる』 という
嫁の言葉を鵜呑みにして、幼稚園の前で朝6時から1時間半、
『一人ぼっち』 で並ぶというツラい経験をしている・・・・。



だいたい朝5時なんて、今の季節はマイナス10度を軽~く下回る。
そんな状況で2時間も並ぶヤツがいるか! ぜったいウソだ!!




・・・・・と言いつつ、やってきました市民体育館。
朝5時って、こんなに暗いんだなぁ・・・・・と、ひとりトボトボと
玄関の前に行くと、






なっ!並んでる!!!Σ(゚д゚ ;)



すでにお父さんが1人、寒さに震えながら並んでいた!

その日の 『まつ毛の凍り具合』 から察するに、
確実にマイナス15度は下回っている。
そんな中、完全防寒に身を包んだ彼は、うつろな目でひたすら
ドアが開くのを待っていたのだ。


あ・・・・アホだ・・・・・・・



まぁ、私が2番目にアホということなのだが・・・・
でも、よかった。おゆうぎ会の時のように1人で待つのは拷問に等しい。

どこの誰かはわからないが、一方的に友情に似た感情すら湧いてくる。
『気合い入りすぎのアホコンビ』 と言われてもいい・・・・・
2人で励ましあいながら7時まで待・・・・・



と思っていたら、後から続々とお父さん達が集まってきた!


30分も経つと私の後ろは長蛇の列。



あ・・・危なかった・・・・・・
『また嫁のガセネタだろ』 と、のんびり来ていたら・・・・・


嫁 『いちばん前取れなかった( ゚ 皿゚)!!? 取れるまで帰ってこないで!』
なんてムチャを言われたかもしれない・・・・・



『ちょっぴり不安だから・・・』 と5時に来た自分の臆病さに救われた・・・・



と、安心してもいられない。
気がつくと、寒さで足の指の感触がなくなっている。


ゆっくり足踏みでもしてないと、凍傷になってしまう・・・・


振り向くと、並んでるお父さん達全員がワカメのようにユラユラ揺れている。
なんか、かわいい。


そう。 寒さのしのぎかたは、皆同じだ。

日が昇ると、皆一斉に太陽の方を向いてじっとする。
プレーリードッグみたいで、これもかわいい。



まぁ・・・・そんな感じで、
『午前2時就寝 → 4時半起床 → 5時から2時間並ぶ』 と、
まさに命がけではあったが、何とか開場後のレースにも競り勝ち
最前列中央をキープした私は、胸をはって帰宅した。



私 『たーだいまー ・・・・・・いちばん前とれたよ・・・・(;´Д`)ノ』


嫁 『さすが!がんばったね! ちょっと休んだら? 少し寝てもいいよ?』




・・・・や・・・・優しいじゃないか・・・・・がんばった甲斐があったよ・・・・


嫁 『あ、その前にビデオとデジカメ用意しといてね。 あと子供達
歯磨きさせて着替えさせて、部屋少し片付けて、洗濯物・・・』 (以下略)


・・・・ねっ!寝れるか!!!!\( `ロ´)/



嫁 『それから、発表会は午前中だけだから、午後から買い物つきあってね。』




・・・・もう、いいや・・・・・わかった・・・・・何でもするから、許してくれ・・・・・・




いっそ疲労で倒れでもしたら楽になれるのに・・・・・これだけやっても
風邪ひとつひかない自分のタフさ加減には呆れるばかりですが
肉体疲労時の栄養補給には、やはりコレ。

人気blogランキングへ

現在、『結婚・恋愛』ランキング8位前後!!!
厚く御礼申し上げます!


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
ひな人形恐怖症 
2006.02.16.Thu / 01:49 
2月も、もうあっという間に半ば。


『ひな祭り』 を控え、ウチの居間ではすでに雛人形が幅を利かせている。



最上段で微笑むお雛さまのように、ムスメもいつか、幸せなお嫁さんに・・・

お嫁さんに・・・・・


うぅ・・・・・・・( T ロ T)




ふん!嫁になどやるものか\( `ロ´)/!!!




・・・・・というワケにもいかないので、その時がきたら
ムコにひとつふたつ、イジワルをしてから快く送り出さねば・・・・・。




と言っても、実はムスメの嫁入りには黄信号が灯っている。


一昨年の今ごろ、2階の押入れから人形を下ろそうとした私は
ついうっかり手を滑らせてしまった。



ドゴガガガガガガ!!!!!


私 『・・・・・・・・・・・・・ (゚д゚ ;) 』



こ・・・声が出ない・・・・・



・・・嫁の第一リアクションは、今でもはっきり覚えている・・・・

嫁 『な!・・・・・・・・・・・何考えてんの!!?
人形なんだから、手で運びなさいよ!!!!!!』




後日談 : 嫁 『横着したのかと思った ( ゚ ∀ ゚ ) 』




・・・・んなワケない・・・・・

どこの世界に、運ぶのが面倒くさいからって雛人形を
階段から叩き落す父親がいるというのだ・・・・・


幸い、階段の壁が派手にえぐれたことと、
三人官女の眉がない人の髪が乱れてリーゼントっぽく
なってしまったぐらいの被害で収まったのだが・・・


以来、雛人形を出すたびに

嫁・ムスメ 『この傷はパパが・・・・』 『眉なしの髪型はパパが・・・・』

と、いじめられてしまう。


さらに反省として
『夜中にこっそり雛人形を飾って、ムスメを驚かす』 という作業を
ひとり黙々とこなしているのだが・・・・

今年もブログの更新や、持ち帰った仕事を済ませた後に始めて
完了したのが午前2時過ぎ・・・・

恥ずかしい話、いまだに雛人形って・・・・ちょっと怖い・・・・

何だか、リアルな人形が夜中に動き出しそうで、
子供の頃から、結構苦手なのだ・・・・・




でも・・・・嫁も 『壊しちゃったらどうしよう』 というプレッシャーに
耐えられないようで、全く手伝ってくれない・・・・・




仕方ない・・・・
大事な人形をキズモノにしてしまったという十字架を背負って
『怖くない。人形は動かない。怖くない。』 とつぶやきながら頑張ろう・・・。







『ムスメが嫁に行かずにずっと私の側にいるのも、悪かぁない』
という極悪な一面も併せ持つ私にご理解いただけるお父さんの
応援クリックも期待してみたり・・・・

人気blogランキングへ

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
結局 『変なの』 ってなんだろ・・・・ 
2006.02.15.Wed / 01:40 
ドドドドド!!! バタン!!
嫁 『何してんの ( ゚ ∀ ゚ ) ?』



・・・・最近、嫁が頻繁に私の行動をチェックするようになった・・・・。



そういうときに限って、だいたいブログの更新をしていたりするので
いちいち尻が数ミリ浮く (本当に) くらいびっくりする。


『ブログがバレて32歳会社員ショック死
               ガサ入れの妻から事情聴取 』
ではバカらしくて地方欄にも載せてくれないだろうから・・・
ぜひ、やめてほしいものだが、

以前、『パパのパソコンには、何かある・・・』 と勘付いてからというもの
今では数日に1回は必ずチェックされるようになってしまった・・・・・。



んまぁ、もっとも冒頭に記したとおり、嫁のガサ入れは 『ドドド』 で
始まるので、大変分かりやすい。
嫁に見つかる前にブログの編集画面を隠すことなど造作もないのだ。



あぁ・・・・・今まで何年もガマンしていた、嫁の 『足音がデカい』
という欠点が、こんな形で私を助けてくれるとは・・・・・



-------------------------------------------

嫁 『ちょっと、パソコンで何見てたの ( ゚ ∀ ゚ ) ?』


私 『え・・・・・い、いや・・・別に・・・ (; ¬_¬) ・・・』


嫁 『何よ? 変なの見てたんでしょ (`∀´ ) !?』


私 『ちちちち、違うよ・・・・・ただのエロサイトだよ・・・・(゚д゚ ;) 』


嫁 『本当?・・・・・じゃ、いいけどさ・・・・・・変なの見ちゃダメだよ!!』






・・・・・未だに嫁のいう 『変なの』 とは一体何を指すのか謎だ。

少なくともアダルト系のことではないらしい・・・・・



世間ではえっちな本を読むことさえ禁じられるお父さんも多い中
仮にも 『おによめ』 の名を欲しいままにする嫁が
意外なことに、この辺に関しては実に寛容なのだ。


いや、むしろ

『ちょっと、見て見て!あのコ、スゴいおっぱい!』

『あ!火野正平! パパ!ポロリあるよ!!!!』



・・・・などと、私が他の女性に性的関心を持つことに
何の違和感もないらしい・・・・・




もちろん 『浮気もオーケー』 なんてことはないものの、
ここまで寛大だと何だか逆に心配になってくる・・・・




うーん・・・・割と淡白な私は決して無茶はしないってことがわかっているのか、むしろその淡白さにハッパをかけようとしているのか・・・・・・

とにかく、私がそこいらのお姉ちゃんに興味を持ったところで、
『月6千円の小遣いじゃあ手も足も出ない』 ってことは間違いないが・・・・・





まぁ・・・・普段の厳しさと、この辺の甘さ・・・・・
この絶妙なメリハリがまた嫁のイイところなのだ。

でも、運転中に 『あ!!見て!!女子高生のパンチラ!!!』
ってのはダメだ・・・・・ 危ねぇヨ!!!!\( `ロ´)/









あ・・・・話がそれたまま締めちゃった・・・・・・・

え・・・っと、とにかく、お父さんがえっちな本やビデオを見るくらいは
大目にみてやっていただけませんか・・・?
と、全国のお父さんの思いを代弁した、ということで・・・・・

人気blogランキングへ


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
あれ?バレンタインデー、終わっちゃった・・・・・・ 
2006.02.14.Tue / 02:22 
今週も待ちに待った 『月曜日』 がやってきた。


思う存分仕事して、休日の疲れを癒して
また次の日曜日に備えよう・・・・・・


私 『いってきまーす』


嫁 『あ、ねぇねぇ、 明日バレンタインデーだからさ、
何かアタシにプレゼント、ないの ( ゚ ∀ ゚ ) ?』






・・・・・・・ほら来た。 朝から 『今日のブログネタ』 の提供だ。



いや、実は嫁のこのセリフ、数日前から予想していたのだ。


嫁の愛読するマンガ (講談社 『kiss』) に、イタリア人は
主に男性が女性にプレゼントを贈るだの何だのと描いてあったのだ。




嫁 『女の人がプレゼントするなんて、日本人だけなんだってさ』


私 『・・・いや、俺もアンタも日本人なんだし・・・・(´Д`;)
ま・・・そのうちアレだけど、今年は無理。 万引きしないと無理。』


嫁 『んー・・・・・。ま、来年考えよっか (`ε´ ) 』




よかった・・・・思い直してくれたか・・・・・
でも、いいトシこいて、あんまりマンガに影響されるなよ・・・・・。
俺たちは日本人らしく、おとなしくバレンタイン商法に踊らされようぜ・・・。



嫁 『んじゃさ、帰りにチョコ買ってきて。 ハイ、千円』


私 『え・・? 俺・・・・自分で買うの・・・・・ (゚д゚ ;) ?』


嫁 『それくらいイイしょ! まだ買ってもらえるだけいいんだよ?
イタリア人なんて・・・・・・』



私 『・・・・いや、わかった。 イタリア人ね。 オッケー (´Д`;) ・・・。』




・・・まぁイイや。 大好きなクランキーチョコでも買ってこよう・・・・




嫁 『デパートの地下なら、別にドコでもいいからね ( ゚ ∀ ゚ ) 』


え!!! 俺、一人で 『バリバリのバレンタインチョコ』 を買いに行くの?


いや・・・・・えぇーーーー!?マジっすか?




・・・・まぁ・・・・若い頃は 『自作自演チョコ』 だと思われるのがイヤで
絶対売り場には近づけなかったけど、 今なら平気かもな・・・・




というわけで、女の子達で賑わう売り場へ突入・・・・・


うーん・・・・・私も年をとったな・・・・・やはり全然恥ずかしくない。

華やかにデコレーションされたスイーツたちを
ショーケース越しに、堂々と厳選する。




意外なことに、私と同年代のお父さんらしき人もけっこういるのだ。


私 (はは。アンタも、アレかい (;´Д`)ノ ?)

他人 (そうそう。母ちゃんに、自分で買ってこいってね・・・(´Д`;) )



などとテレパシーで互いを勇気づけてみる。




結局、チョコたっぷりの、私好みのケーキに決めたのだが
一応嫁に了解をとっておかねば・・・・・



嫁 『もしもし? ・・・・え?ケーキ? ダメダメ。
ミルフィーユが食べたいの。』


私 『え・・ (゚д゚ ;) ? 俺、ミルフィーユあんまり好きじゃな・・・・・』


嫁 『ちょっとさ、何種類か写真撮ってメールしてよ。』






・・・・まぁ、ね・・・・・確かに私も甘いものは二口も食べれば
『ごちそうさん』 だけどもね・・・・・・・
何もそこまで露骨に私の好みを排除しなくても・・・・・・・




私もなかなか素直なヤツなので、言われたとおりに何種類か
写真をとって嫁に送ってみた・・・・・


店員の、『あの・・・・・お前、何してんの・・・・?』 という目が
少し辛かったが、どうにか嫁好みモノが見つかった。




私 『たーだいまー。 買ってきたよー。』


嫁 『おかえりー( ゚ ∀ ゚ )。 じゃ、早速食べてみよっか!!』


私 『いや・・・・・バレンタインデーは明日・・・・
・・・それよりお金足りなかったんだけど・・・・・(´Д`;) 』


嫁 『じゃ、早速食べてみよっか ( ゚ ∀ ゚ )!!!』







・・・・まぁいいか・・・・
とりあえず今年は、イタリア式を半分導入ってことでね・・・・・





というわけで、ウチは1日早く終わってしまいましたが
皆さんがステキなバレンタインデーを過ごせるようお祈りしつつ、
ついでに応援クリックいただけることもお祈りしてみます・・・・

人気blogランキングへ

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
油汚れはオイラに任せろぃ!! 
2006.02.13.Mon / 00:49 
『たーだいまー』


今日はめずらしく晩ご飯に間に合う時間に帰宅。


家に入ると、何とも香ばしい焼き魚のニオイ・・・・



嫁 『おかえり! 早かったね!!
よかったぁ ( ´∀`)!!!今日はツボ鯛焼いたの!』



そうか、『よかった』 か。

大好きなパパさんに焼きたてを食べてもらえて、よかったなぁ。








んなワケがない・・・・・




もちろん
『ツボ鯛焼いてギトギトになったグリルを
すぐ洗ってくれる人が帰ってきてくれて、よかったぁ ( ゚ ∀ ゚ ) 』
という意味だ。



食後、さっそく作業開始。


私 『なぁ・・・・・グリル洗うのって、重曹がスゴクいいらしいぞ。』


嫁 『あぁ、知ってる知ってる!
テレビで見たけど、重曹ってスゴイらしいね!』


私 『そうだってね。 この前ブロ (・・グでアドバイスもらってさ、と
言いかけてしまった) ・・・何かに書いてあったけど、
何にでも使えるらしいね』


嫁 『(ニュースで上村登場)・・・あぁ!愛子ちゃん、惜しかったね!!』



・・・・??? あれ?


私 『あ、あぁ・・・惜しかったね。 今度、重曹買ってこようか。』


嫁 『・・・・あぁ、ウチにあるよ。 里谷多英、どうだったのかな?』



・・・??? あれれ? 何だよ、重曹の話しようぜ・・・・・



・・・・・ハッ Σ( ̄ロ ̄|||)
そ、そうだよな・・・・・興味ないよね・・・・


だって、嫁はグリル洗わないんだもの・・・・・重曹なんか興味ないよね・・・
単なるケーキの材料だよね・・・・・


そう言えば、換気扇、コンロまわり、油汚れ・・・・・
『重曹を使うとイイ』 ような事は、だいたい私の仕事だ・・・・




ま・・・仕方ないか・・・・

料理をしない私は包丁やフライパンには全く興味ないもんね・・・・・・
それと同じ・・・・・。





よぅし・・・・こうなったら・・・・・自力で何とかしよう。
明日、小遣いで 『マイ重曹』、『マイ酢』 を手に入れて、
もう一回、木蓮さんの記事を読み直して勉強だ。


『重曹と酢を使いこなして、家中ピカピカにするお父さん』 ・・・・・



うーん、いいねぇ・・・・・・頑張るぞ!

もちろん、よそで 『ウチのパパねぇ・・・・』 と自慢してもらうために。



ふふふ。 自分のそういうイヤらしいところ・・・・・・大好き。







『重曹』 自体、全然知らなくて 『口に入れたら即死するような劇薬』
ぐらいのイメージを持っていた自分に喝を入れておきました。

新たな決意に免じて、応援クリックいただけると幸いです・・・・

人気blogランキングへ

週間応援クリック数が過去最多を記録!
ホントに、皆さんには何とお礼申し上げてよいやら・・・・・・



* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
哀愁のゲンコツ・・・・・ 
2006.02.12.Sun / 02:04 
『ゴラァ!!!!何回言ったらわかるんだ!!!!』




・・・・・温厚な私の口から、カミナリのような怒鳴り声。


ムスメ・ムスコ 『うぇぇぇーーーぇぇん!!!ごめんなざぁい!!』


滅多にないことだけに、私の大声とゲンコツは絶大な効果がある。




頃合いを見計らって嫁とアイコンタクト。


私 (こんなもんかしら・・・・・・)


嫁 (よし・・・・・)



子供達がどうしても言うことを聞かないとき、
『パパが怒るよ』 がウチの最終通告なのだ。


それでもなお聞かないときは、嫁が 『核のスイッチ』 を押す。



嫁 (ほれ、行け。)


私 (が、がってん!) 『ゴラァ!!!!!』





あぁ・・・・心が痛い・・・・・


ベソをかく子供達に、ひとしきりお説教をすませたところで任務完了。

私 『・・・・わかりましたか?』


ムスメ・ムスコ 『あい・・・・・・』



・・・・私が泣きそうだ。 ごめんな・・・子供達・・・・・。



とは言っても、私には言葉と行動だけで子供達を導く力はない。


誰か、ゲンコツ使わなくて済む方法、教えてくれないかなぁ・・・・・




私の父親は、私が悪さをすると容赦なくゲンコツを浴びせた。

しょっちゅう悪さをしていた私は、年中ゲンコツを食らっていたのだが
丸太のような腕と、岩のようなコブシから受ける強烈な衝撃に
不思議と恨みや屈辱を抱くことがなかったのは、おそらく父のゲンコツから
感情的な 『怒り』 を感じることが微塵も無かったからだろう。


父の 『子育て』 が正しかったかなんて、きっと一生わからない。
もちろん子育てに 『正しい方法』 など存在しないが、
少なくとも、最終兵器として君臨する父と、ゲンコツの痛みは
私にとってマイナスとなる要素は何一つなかった。


『怒らせると怖いオヤジ』 、 『強烈に痛いゲンコツ』 ・・・・・

非力な私は、父から受け継いだものを信じるしかないのだが・・・・

私の子供達に、伝わっているのかどうか・・・・・・




『怖いオヤジ』 も、簡単じゃぁないなぁ・・・・・・・





気がつけばカテゴリ 『おによめ日記』 が100回を超えていました。
何か月かぶりに 『お父さんの憂鬱』 で更新。
開設当初はコレばかりだったけど、いつのまにかおによめメインに・・・

ゲンコツには賛否両論あろうかと思いますが
どちらの方も仲良くクリックいただけると幸いです。

人気blogランキングへ
主婦ランキングにも男性の方のブログがあったので
勇気をもって引っ越そうと思っていましたが、その方が
こちらに引っ越してきてしまいました・・・・・引越し断念・・・・・


* テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児 *
『おによめ温泉』 は女将の愚痴つき・・・・・ 
2006.02.11.Sat / 01:00 
『 (小声) たーだいまー ・・・・・』


23:00、帰宅すると、家は真っ暗。

そっと寝室を覗くと、嫁も子供達もすでに深い眠りについている。





『 よっしゃーーーー!!!!(小声)』



普段ならここから肩もみや愚痴を聞いたりしなければならないので
寂しい反面、いつもより1時間早く 『俺の時間』 突入だ!



嫁が起きてる間は絶対にできないこと・・・・・・

とりあえず、ちょっと贅沢して風呂にビールを持ち込んでみる。

ふふふ。なんだかスゴい解放感 (* ´ ∀ `)



湯船に浸ってキンキンに冷えたビールをプシュっとあける。

うーん・・・・・・・極楽、極楽・・・・・




と言いたいところだが、風呂はいつもどおり 『ぬる水』 なので
冷えたビールが体の芯まで凍らせる・・・・・・


ちょっと失敗だ。



まぁいいや。 シチュエーションを楽しもう。
ふふふ。 ここは温泉・・・ここは温泉・・・・・(* ´ ∀ `)







『ガタン!』



・・・・・?(゚Д ゚ ≡ ゚ Д゚)?  何?



と思った瞬間、突然風呂のドアが開いた。

嫁 『あら、お風呂でビール? ・・・・いい身分じゃないの。王様?』



私 『 Σ( ̄ロ ̄|||) ヒィ!!!! た、ただいま・・・・・・』




何だろう、この感覚・・・・・・

別に悪いことをしているわけでもない・・・・
『遅くに帰宅して、ちょいと風呂でビールでも』 なんていう
社会通念上、さほど贅沢とも言えない程度の楽しみなのに

先生にタバコ見つかったような、何とも言えない焦りと脱力感・・・・・。





私 『お・・・起きたの? ちょ、ちょっと贅沢をね・・・・(; ´Д`)ノ』


嫁 『贅沢って・・・・のん気でイイじゃないの・・・・!
アタシなんてね、今日・・・・・・・』






あら・・・・・・・参ったぞ・・・・・・・
こんなトコロで 『今日の愚痴』 が始まってしまった・・・・・・・・・。



風呂がぬるいんで、早く出たいんだけど・・・・・(ブルブル・・・・)



私 『さっと体洗って出るから、ちょっと待っ・・・・・』


嫁 『したらね、園長先生なんて言ったと思う ( `ロ´) ?』




・・・・・あぁ・・・・聞いてないよ・・・・・。






結局、ひとしきり愚痴を吐き出してスッキリした嫁が私を解放
してくれたとき、すでに湯船のお湯は、『どちらかと言うと、水』 
ぐらい冷めきっていた。



嫁 『いつまで入ってんの? 風邪ひくよ!?』




な!?・・・・・・・おっ・・・・お前が・・・・・・!




・・・・いや・・・・言うまい・・・・・

時と場所はどうあれ、愛する君のストレスを少しでも和らげるのが
私の大切な仕事だと思・・・・・


嫁 『髪の毛詰まっちゃったみたい。 排水口、掃除しといてね!』



あぁ!もう!  『心の声』 ぐらい、最後まで言わせろヨ!!!





と言いつつ、仕事で遅くなって顔を合わせる時間が少なくても
きっちりブログのネタを提供してくれる嫁に感謝しています。

水風呂でも風邪をひかない私の精神力は、皆さんのアツい
応援クリックに支えられています・・・・・

人気blogランキングへ

わぁ!!
久々の1位返り咲き!!!(更新時現在) ありがとうございます!
日記・雑談(主婦)への引越予定なので、最後の雄姿をお見逃しなく!


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
前世がクマだったとでも思ってんのかな・・・・・ 
2006.02.10.Fri / 01:12 
『ごちそう』 といえば 『スシ、テンプラ』 という、ちょっとした
外人ばりの感覚(日本人としては発想が貧困だが)を持つ私だが、
外食の機会は月に1度あるかないか・・・・


『給料日なんだから、たまにはお寿司でも食べよっか!』 という
嫁の言葉に心が躍る。



言うまでもなく回転寿司のことを指しているわけだが、
普段寿司など口にすることはないので私も大はしゃぎだ。



嫁 『皿の色なんて気にしなくていいからネ ( ゚ ∀ ゚ )!』



・・・・さすが私の愛するお嫁ちゃんだ。太っ腹!



私 『 (*´∀`) じゃ、練習にヒラメでも食べ・・・・・・・』


嫁 『あ!パパの好きなサーモン来たよ! ハイッ!食べてよ ( ゚ ∀ ゚ )!』


私 『あぁ・・・・あ、ありがと・・・・(確かにサーモンは好き) 』


嫁 『すみませーん、エンガワくださーい (*´∀`)!  パパは次何食べる?』


私 『あ、と・・・・じゃぁ、中ト・・・・・』


嫁 『あ!パパの好きなサーモン来たよ! ハイッ!どんどん食べて!』


私 『あ、うん。 サーモンおいしいね・・・・(;^_^) 』


嫁 『すみませーん、中トロくださーい (*´∀`)!  パパは次何食べる?』


私 『(´Д`;) 俺も中トロ食べてみ・・・・・・』


嫁 『あ!パパの好きな (略) 』





・・・・いや、別に大げさに書いているわけではない。

実際、こうなのだ。




私たちの行く店は、120円と240円の皿しかない。
(もちろんサーモンは120円)




私 『待て待て・・・・120円ばっかりじゃ、ちょっと飽きるな・・・・(´Д`;)
(しかも同じモノばかり・・・・) 240円頼んでいい?』


嫁 『えぇーーー!? ・・・・うーん・・・・・・・・いいよ・・・(´ε` ) 』


何だよ・・・・『皿の色なんて・・・』 ってのは、自分に言ってたのかヨ・・・・・



私 『( ゚ ∀ ゚ ) やった! えーとね・・・・すみませー・・・・・』


嫁 『すみませーん! トロサーモンくださーい!
はい。これでいいんでしょ!?  1枚だけだよ ( `ロ´)!』




・・・・・・なぜだ Σ( ̄ロ ̄|||) !?
なぜそんなに、私にサーモンを食べさせたいのだ!?

参ったな・・・・意味がわからん・・・・・



私 『ま・・・またサーモン・・・・・(´Д`;)?』


嫁 『え!?何で!? サーモン好きでしょ (゚д゚ ) ?』




・・・・好きっていっても 『3度のメシより・・・』 ってほどじゃぁないよ・・・。
(俺はクマか!?) 10カンも食べりゃ、そりゃ何だって飽きるさ!





まぁいいか・・・・・『パパの好物を腹いっぱい食べさせたい』 という
嫁なりの愛情表現なのだ・・・・・・
と、精一杯の拡大解釈で気を落ち着かせてみる・・・・・。

-----------------------------------------------


嫁 『あー、おなかいっぱい! おいしかったね (*´∀`) !
でもさあ、パパもサーモンばっかりで、飽きないの?』





だから飽きたって言ってんだろ!!\( `ロ´)/!!




・・・・と怒ってみてもね・・・・・
去年の暮れに 『もずく酢好き』 と言った日から今日まで
毎朝もずく酢を出してくれる 『加減を知らない』 嫁のことだ・・・・・
仕方ないか・・・・・・





というワケで、チャーシューメンを食べるより寿司の方が安い私ですが
乾いた寿司には霧吹き、疲れた私には応援クリックを!
(ちょっと無理があるかしら・・・)

人気blogランキングへ

ちかぢか、『日記・雑談(主婦)』 にランキングのカテゴリ変更を
してみようかなと思っています・・・・・
『お前は主夫だろ!』 って追い出されたら帰ってきますね・・・・


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
歴史的無駄骨・・・・・ 
2006.02.09.Thu / 00:46 
今日は別のことを書こうと思っていたのだが・・・・
予定を変更して、つい10分ほど前のことを・・・・



嫁 『パパ、パパ、ちょっと!早く!』


トイレで大慌ての嫁。 なんだろう・・・・嫌な予感が・・・・



嫁 『落としちゃった・・( T ロ T)・・・』



嫁の視線の先には、あの、なんていうんだろう。髪をとめるやつ・・・
バレッタだったかな? 便器の中にとっぷり沈んだソレがあった



嫁 『落としちゃった・・・( T ロ T)・・・』


わかったから何回も言うなよ!


嫁 『取って・・・・・( T ロ T)!!!』


待て待て、今何かはさむモノを・・・・・


嫁 『早く!今!! \( T 皿 T)/!』




私 『はっ、ハイ!!Σ( ̄ロ ̄|||)!』


しっかりしつけられた従順な私は、
返事と同時に腕を便器に突っ込んでいた。


いや、私もたいしたもんだ。やればできるじゃないか。


・・・・・いや、待てよ・・・・・・




私 『・・・・! なぁ・・・・念のため聞くけど、
オシッコする前に落としたんだよね・・・・・・( ̄ロ ̄|||) ?』


嫁 『どう? 取れそう?』



・・・え!? 何でシカトすんの Σ( ̄ロ ̄|||)?

いや、まぁ、もう手を突っ込んでるんだから、今さらアレだが・・・・




何とか心に引っかかるものを振り払いつつ、
便器の奥まで沈み込んだモノを、懸命に救い出した。


私 『やったな!取れたぞ!』


よほど大事なモノなんだろう。
これはかなりポイントアップが期待できそうだ。




嫁 『ありがと! でも、さすがにもう使えないから捨てるね ( ゚ ∀ ゚ )』





・・・・・・キャァァァァァァァ!!!!!!!!



『捨てるね』 だって!



私 『なんじゃそりゃぁ!!どうせ捨てるモン拾わせたんか ( `ロ´)!』


嫁 『何言ってんの!?こんなモン流すわけにいかないんだから
仕方ないでしょ!!( ゚ へ ゚ )!!』


私 『そじゃなくてよ!!! ゆっくり割り箸で拾えばよかっただろ!!』





嫁 『・・・・・・・あ、そだね。ダハハハハハ (T▽T)ノ !!!』




・・・・『ダハハ』 って・・・・・

便器に手ぇつっこませといて、『ダハハ』 って・・・・・




ま、いいんだけどね・・・・・
自分に割と勇気があることがわかっただけでもね・・・・・





『手を洗った後に嫁のタオルで手を拭く』 ぐらいしか
腹いせが思いつかないチンケな私ですが
ランキングの順位が精神ダメージを癒してくれます・・・・・
(クリックしてくれた皆さん、いつも大変ありがとうございます!)

人気blogランキングへ
1コ上のカテゴリ『恋愛・結婚』 も必見!
このブログを探すことがきますか?


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
チョコレート<日用品 
2006.02.08.Wed / 01:36 
いつからかなぁ・・・・・・

『バレンタインデー』 に全く心躍らなくなっちゃったのは。



スケジュール表を兼ねたカレンダーには、2月14日に小さく記されている
『バレンタインデー』 という文字の上から 『卒園発表会打ち上げ』 と
ちょっと太目のマジックで書きつぶされている・・・・・。


あぁ、そう・・・・・・・
特に口頭連絡はないのだが、その日は早めに帰ってきて子守りしなさいよ、と。


いいよ。 子守りするよ。




・・・・でもまぁ、嫁もバレンタインデーを意識していないわけでもない。



嫁 『ねぇ、今年のバレンタインデー、何がほしい ( ゚ ∀ ゚ )?』


いちおう、表面上は私に選択権があるような質問をしてくれる。 優しいヤツだ。


私 『えーとね・・・・シャンプーが切れてたかな・・・・( -_-) 』


嫁 『あぁ、シャンプーね。 オッケー ( ゚ ∀ ゚ )!』


・・・いやいやいやいや、ちょっと待ってくれ!
『どうせ何も買ってくれないだろう』 という、あてこすりで言っただけだよ!
『バレンタインデーにシャンプー』 をカンタンに採用するな!!



私 『あ、いや・・・やはりシャンプーは、アレだね。バレンタインとは別にね、
って言うか、先週から切れてるから、今日にでも欲しいんだけどね・・・』


嫁 『じゃ最初から言わないでヨ ( `ロ´)! で、何がほしいの?』


私 『え・・・と、 ネクタイかな・・・・』


嫁 『ネクタイ!? 何に使うのよ ( `ロ´) !?』


・・・・??? 『何に』 ????
私 『首かアタマに巻く以外、何に使えってんだよ!?』


嫁 『・・・んぁー。 そう、 ネクタイね・・・・・。考えておくわ。』



・・・・『考えておくわ』 ・・・・・

嫁がネクタイについて考え始めてから、かれこれ数年経っているわけだが


なぁ、嫁・・・・・気づいているか?

私が 『何が欲しい?』 と聞かれたときは、大概 『ネクタイ』 と答えていることを。

なぁ、嫁・・・・・気づいているか?

私が小遣いで買ってくる千円ネクタイは、10回も首に巻けば
フニャフニャになってしまうことを・・・・・






誕生日もクリスマスも、私へのプレゼントはいつも日用品・・・・

いや、いいんだけどね・・・・
プレゼントが 『風呂掃除用のブラシ』 とか 『アイロンのり』 でも
愛情さえたっぷり込めてくれればね・・・・・

あとは 『去年のプレゼント、覚えてないの!?』 と怒るのさえ
やめてくれれば、何も文句はないよ・・・・。
(500円で人の記憶に刻み込むのは、とっても難しいよ)








去年は 『コアラのマーチと枕カバー』 (嫁もよく覚えているな) 
だったそうですが、さて、来週が楽しみです。
バレンタインデーにちなんで、皆様の 『義理ポチ』、お待ちしています。

人気blogランキングへ
昨日、一瞬だけ1位に返り咲いてたんですよ ( ゚ ∀ ゚ ) ! ヤッタ!
* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
新商品 『およめっち』、バンダイから発売!   か!? 
2006.02.07.Tue / 00:07 
何だよ・・・・・・何年も前に終わったんじゃなかったのか・・・・・

『たまごっち』 ブーム・・・・・・




前回のイヤらしい 『じらし販売』 こそなかったようだが
最近、すれ違う子供達、特に女の子はみんな首からたまごっちを
ぶら下げている・・・・



もちろん、ムスメの首にも・・・・・



『犬を飼いたい』 という嫁とムスメに
『1年間、たまごっちを育てつづけられたら』 という条件を出してみた。



別に私が犬嫌いというわけではないが (むしろ好き)、
犬というのは不思議な動物で、種類・大きさ問わず
『私が足や尻を下ろす場所を狙ってフンをする』 という習性があるらしい。


昔、私の実家で飼っていた犬のフンを踏みつづけ、
30回目くらいで、トラウマとしてはっきりと私の胸に刻まれてしまった。


『室内犬はイヤァァァァァァァァァ!!!!』 という私の迫力に押されて
通常は 『私の意見を聞く』 という習慣を持たない嫁でさえ
しぶしぶこの条件を呑んだのだ。



おかげで嫁も必死だ。
ムスメが幼稚園に行っている間は、嫁が食事やらウンチの始末やら
精力的に世話をしている (だから、家事をしなさいってば)




まぁ、いいことだ。 母娘で力を合わせて頑張りたまえ。
(1年は無理だろうがな!うははははは!)


・・・・と、笑ってもいられなくなってしまった・・・・・・




嫁 『ねぇ、今日アタシ、卒園発表会の衣装作りあるから、世話お願い!』


私 『な・・・・!? 世話? たまごっちの? 会社で!?』


嫁 『仕方ないでしょ!?みんな頑張ってるのに、
  私だけ たまごっちイジってるわけにいかないじゃない!』


私 『や、だから俺も会社だっ・・・・・・』


嫁 『はい。説明書。 勝手に結婚とかさせないでヨ!』


私 『え!?たまごっち結婚できるの!? スゲー ( ゚ ∀ ゚ )!!!
  ・・・いや、違う、無理だってば (´Д`;)! 』


嫁 『何言ってんの!実際に犬飼ったらどうすんの!
  私が居ない日は世話もしないで見殺しにする気 ( `ロ´)?』




・・・・・・・いや、『見殺し』 にはしないが、
少なくとも会社には連れて行かんぞ・・・・。




と文句を言ってみたものの聞き入れられるはずもなく、
今日の私は
『スーツの胸ポケットにたまごっちを忍ばせるダメサラリーマン』
として1日をすごす羽目になってしまった・・・・



・・・・・持ってきてはみたものの、思っていたより数段厄介なシロモノだ。

たまごっちがウンチしたりするたびに 『ピロリロ!!』 と
アラーム音が鳴り響く・・・・



アラーム音が鳴るたびに同僚が 『???』 とキョロキョロする。


トイレに行くフリをしてウンチの始末をしたり、おやつを与えたり・・・・



だ・・・だめだ・・・・・・仕事にならん・・・・・・_| ̄|○


私 『スマン、たまごっち・・・・。堪忍してくれ・・・・・・・・(´Д`;) 』

恐らく猫を捨てに行くときはこんな気持ちなんだろう・・・・。
なんとも後ろめたい気分でたまごっちをハンカチでぐるぐる巻きにして、
メガネケースに入れて、さらにカバンの奥深くにしまいこんだ。

--------------------------------------------------

私 『た、ただいまー・・・・』


嫁・ムスメ 『おかえり!たまごっちは ( ゚ ∀ ゚ ) !?』


私 『は、はい・・・・・(´Д`;) 』


早速、たまごっちをチェックする嫁とムスメの顔に
みるみるうちに怒気が広がっていく・・・・・・



嫁・ムスメ 『なんで○が■※なのよ!!!就職し×○の△△が
  □×スクールに○■☆じゃないの ( `ロ´)  ( `ロ´) !!!』







・・・・・・何を怒ってるのかさえ、わかんね・・・・・・・・( T ロ T)



ただでさえ手のかかる
『およめっち』 と 『むすめっち』 と 『むすこっち』 ・・・・
これ以上 『・・っち』 の世話なんて無理だよ・・・・・_| ̄|○

せめて急降下する 『ランキングっち』 の世話だけでも
どなたか手伝っていただけないでしょうか・・・・

人気blogランキングへ

ねぇ、バンダイさん。 ウチの嫁をモデルに 『およめっち』・・・・
作ってくんないかなぁ・・・・

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
雪と涙と鼻水と・・・・・・ 
2006.02.06.Mon / 00:06 
『雪が降ってナンボ』 という北海道に住む以上、
文句を言っても仕方ないとは思いつつ、無情に降りつづける雪に
泣かされる毎日だ・・・・・



嫁 『ほれ、何ボヤっとしてんの!?・・・・雪だよ ( `ロ´)!』


嫁の号令と共に、今日も 『除雪作業員』 が迅速に出動する。

もう毎朝見慣れた光景なのだが、ドアを開けると案の定、
防寒靴の中に雪が入ってしまうほど積もった雪。

私のヤル気をスパっとなぎ倒してしまう・・・・・。



畑の真ん中にポツンと建つ我が家。
風が吹けば吹くほど、雪が吹き溜まっていく。

1500円の防寒服に防寒機能があるはずもなく・・・
300円の手袋が水を弾くわけもなく・・・
雪か涙か鼻水かもわからない状態で作業が続く。


吹雪の中、必死で除雪するのだが、あまりにも降る量が多い。
『積もっていく様子』 が目視できるほどだ。

やってもやっても、振り返ると同じ量が積もっている。



あぁ・・・・ダメだ・・・・・もうやってらんね・・・・_| ̄|○



--------------------------------------

嫁 『早いね。 終わったの ( ゚ Д゚)?』



家に入った私に、嫁の視線が突き刺さる・・・・



私 『いや・・・・外はスゴいよ(;´Д`)! もうね、人間の仕事じゃな・・・・』


嫁 『終わったの ( ゚ Д゚)?』


私 『・・・いや、まだです・・・( T ロ T) ちょっとオシッコしに来ただけ・・・・・』



前は大雪、後ろは鬼・・・・・・
中にも外にも逃げ場のない私には、仕事をやり遂げるほかに道がない。



それでも何とか、肺に痛みを感じるほどの冷気の中、
小一時間かけて作業を終え、人相が変わるほど疲れ果てた私には
さすがの嫁もやさしく声をかけてくれる。



嫁 『お疲れさま。 コーヒーでも飲む (*´∀`) ?』


私 『あぁ・・・・・・そりゃありがた・・・・・・・』


嫁 『あ!ゴメン! マニキュア塗っちゃった!』


私 『あぁ・・そう・・・・いいよ・・・(;´Д`) =3 ・・・自分でや・・・』


嫁 『ついでに私のもお願い。 ココアね ( ゚ ∀ ゚ ) !』





・・・・いつもなら 『\( `ロ´)/』 こんな顔文字を入れて
心の中で怒るトコロだが、今日はそんな気力もない・・・・・



嫁 『車出せるようになった? よかった!買い物いくわよ!』



・・・・いつもどおり、『運転手・荷物もち・子守り』 の3点セットで
疲労を増幅させて帰ってくると、案の定、朝以上に雪が積もっている・・・・・・





嫁 『ほれ、何ボヤっとしてんの!?・・・・雪だよ ( `ロ´)!』





(最初に戻る・・・・・・・)






いや・・・・まぁ、ね。
雪国のお父さんはみんな同じコトやってるんですけどね・・・・
多分、よその奥様は自分でコーヒー淹れてるだろうな・・・・・って・・・・・。

下降の一途をたどる体力とランキングに、少しだけ栄養補給を・・・

人気blogランキングへ

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
祭りのあと・・・・・ま、当然の結末か・・・・ 
2006.02.05.Sun / 00:45 
いや・・・何日も節分の話で引っ張るのも恐縮なのだが・・・・



嫁 『うわぁぁぁっぁぁぁっぁl!!!パパ!!!来てぇ!!!』



何だ何だ!!!? 朝っぱらから・・・・


パジャマのままで駆けつけると、嫁が玄関のドアを開けたまま
立ち尽くしていた。



私 『うぉお!!Σ( ̄ロ ̄|||)!!』



私の目に飛び込んできたのは、玄関先に散乱する大量の
『ピスタチオの殻』 ・・・・・・



嫁 『ちょっとコレ、どういうこと ( ゚ 皿゚) !?』



・・・乱雑に割られた殻と、雪の上に残された鳥類の足跡・・・・

私 『わかった・・・・・犯人は、カラスだな・・・( ゚ ∀ ゚ )!』


嫁 『見りゃ解るでしょ!!!!\( `ロ´)/
なんで昨日、全部拾わなかったのって聞いてんの!!』



・・・ひ、拾えるか!!!\( `ロ´)/

真っ暗な玄関の外に私を追い出して、マシンガンのように
ピスタチオを全力で、大量に投げつけたのは誰だ!!!!


私だってマイナス10度を軽く下回る夜に、ワイシャツ姿で
半分雪に埋もれた直径1センチ程度の物体を20個は拾ったのだ!


それでも数十個のピスタチオが外に残ったってのは・・・

明らかに投げ方が異常だ!!!! お前らそこに並べ!!!!



私 『いいですか? 来年からは気をつけましょうね・・・・(;´Д`)ノ 』




嫁・子供達 『パパが全部拾えばいいじゃん! ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) 』






・・・・・・くっ!! ・・・・何だ、この連帯感・・・・・・・・嫁クローンめ・・・・



3対1かよ・・・・・・ま、いいんだけどさ・・・・・
せめてムスコは 『男子チーム』 に来て欲しかったな・・・・・_| ̄|○






『ランキングが上がったら男子チームに入ってやってもいい』 と
ムスコ(3歳)が申しておりますので、どうかご協力下さい・・・・

人気blogランキングへ
あ・・・ごめんなさい、ウソです。
ムスコはそんなこと言いませんよ (念のため)


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
いけね!まだ鬼が一匹残ってた・・・・ 
2006.02.04.Sat / 00:00 
さて、今日は待ちに待った節分だったわけだが・・・・
(我が家における節分の重要性については 『アンタが鬼の役やりなさいよ!』 をご覧下さい)


嫁 『昨日打ち上げしたってことは、今日は早く帰ってこれるんだよね』


私 『う・・・・あぁ・・・・はい・・・・・・(´Д`;) 』


嫁 『やった!じゃぁ、今年は本気出せるね ( ゚ ∀ ゚ ) !』



・・・・・本気・・・・ね・・・・・


『すべての窓を全開にして、大声で鬼役の私を玄関の外まで追い払う』
ってのは・・・本気じゃなかったわけね・・・・
などと突っ込む気も失せてしまっているのだが。


突発的な残業に最後の望みを託すものの、周りの家族持ち達は
『じゃ、節分なんで・・・』 と早々に帰ってしまう (節分て流行ってるのか?)



仕方ない・・・・・・テンション上げるか・・・・・


私 『いよぅ!たーだいまーっと!!\( `ロ´)/!』


嫁 『おかえりぃ!! さ、ヤルわよ!!』



早速、ツノとキバの生えたキティちゃんのお面 (嫁の手作り) を渡される。

嫁 『ゴメンね、ドンキで鬼の衣装も探したんだけど、けっこう高くて・・・・・・』




いやいや 『ゴメン』 て君、おかしいぞ。 全然謝るところではない。
安かったら買ってたのか!?




ま、とにかく
今日のために作った専用の 『豆ホルダー』 を首からぶら下げた3人が
目をキラキラさせながら待っている・・・・・


そんなに楽しいのか・・・? うれしいのか・・・・・・?



よし!!!がんばっちゃおう!!!\( `ロ´)/



私 『オラァ! 行くぞぅ! まずは2階だ!!!』


嫁・子ども達 『うきゃきゃきゃきゃきゃ!!!! おにはーそとー!!!』


私 『うぐぁーーー!!! よし次、下!!!』


嫁 『あぁ!!!ゴメン!! 「福はうち」 って言うの忘れた(;´Д`)!!』


私 『バカァ!!戻るぞ!!( `ロ´)!!』


嫁・子ども達 『ふくはーうちぃーーーー!!!きゃはははは!!!』




・・・・・・・・・・・


なんだ・・・・・? このテンション・・・・?


『アンタもよくやるよ・・・・・・』


心の中で自分に突っ込みながらも、ボルテージは最高潮に・・・・・・


・・・いや、しかし・・・・それにしても痛い・・・・・・


たかが 『豆』 といっても、今年もピスタチオだ・・・・・・

子ども達は顔を狙ってくるので、肌に当たると激痛が走る・・・・



嫁 『おにはーそとーーーー!!( `皿´)!』


私 『ぁ痛っ!!!! コラァ!!お前は顔を狙うな!!!!』





・・・とまあ、例年どおりの大騒ぎで無事に終えることができたのだが
(もちろん、鬼は玄関の外まで追い出されて、最後に豆を拾って帰ってくる・・・・)



嫁 『ハイっお疲れさま! じゃ、みんな南南東向いて!!』



・・・・・・何だか知らないが、2~3年前から
『どこだかを向いて太巻きのようなものを食べる』 という風習が
北海道でも流行しているらしい。 (関西方面の風習なの?)


嫁はそういうの大好き・・・・・

ウチでも直径5センチ、長さ20センチぐらいの太巻きを
ワケもわからず一斉に食べ始める。


誰も 『なぜ、そうするか』 さえわかっていないので



嫁 『え・・・と、笑うんだっけ・・・・(゚д゚ ;)? 』

私 『いや・・・・知らん・・・・『ほんのり笑顔』 くらいでいいんじゃない・・・(;^_^)?』

嫁 『全部イッキに食べなきゃダメよ!!!!』

私 『・・・・・・食えるか!!!!』

(・・・・いや・・・・? 『本場』 では全部食べるの・・・?)


などと、まさに手さぐり状態。 子供達もキョトンだ。






なんだか、節分に限らず毎年 『風習』 が増えていくなぁ・・・


でもよその風習は、しっかり予習してからパクりましょうね・・・・・・







皆さんの応援クリックがあれば、『来年は甘栗まく?』 と真顔で語る嫁とも
うまくやって行ける気がします・・・・・
(多分今日は 『全国各地の節分事情』 が見られますよ )

人気blogランキングへ


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
キケン!漂白剤でお肌つるつる!! 
2006.02.03.Fri / 00:14 
会社での仕事とは 『休日に備えて心と体を休める』 ためのものだと
社会人失格なスタンスで取り組む私なので

『家庭でも忙しいのに、仕事まで忙しい』 という状況には
けっこう早い段階で心が折れてしまう・・・・・



そんなわけでブログの更新も 『眠いから寝る』 ぐらいの状況に
陥ってしまっていたのだが、とりあえず本日、

『最大のヤマは過ぎた』 ということで部署で盛大に打ち上げてみた。


実際に打ちあがるのは明日(というか今日)なのだが、
なぜか満場一致で 『明日は節分だから』 という理由で前倒しになった。
(ウチの事情がバレたのかしら・・・・)



まあ、だからと言って遅くまで飲み歩けるほど甘い家庭ではない。

午後11時前には帰宅。 あぁ・・・明日からは少し仕事も楽になるな・・・・
と、ほっとしながらとりあえず風呂へ。




さて、いつもどおり 『ぬる水』 を浴びるか・・・・・・・と、
洗面器を浴槽に入れようとした瞬間、私の目に飛び込んできたのは
浴槽に沈む、大きな布らしき物体だ・・・・



嫁 『あぁ、それ、タオルケットと布団カバー。 洗っといてくれる?』


私 『え!? む・・・・無理・・・・俺、酔っ・・・・(´Д`;)・・・・・』


嫁 『じゃあ、明日朝イチで洗う ( ゚ ∀ ゚ ) ?』


・・・・・朝はもっと無理だ・・・・・・


私 『うぅ・・・・・まかしといて (T▽T) !』



まぁ、いいんだけどね。


でも別に今、浴槽にこんなモン入れなくたっていいじゃないか・・・・・
どうやって体洗えってんだよ・・・・・・・



仕方ないので洗濯物をよけつつ、ぬる水を洗面器ですくう。



・・・・・あれ? 何か、変なニオイが・・・・・・・




私 『なぁ・・・・・洗濯するのに、入浴剤いれたの・・・・?』


嫁 『ああ!ごめんごめん。 もう 『洗剤』 入ってるの。気をつけてね。』







危ねぇよ!!!!\( `ロ´)/!!


しかも漂白剤みたいなモンまで入ってるじゃないか!!(゚д゚ ;)!!


そんなもん頭からかぶったら・・・・一体私はどうなってたんだろう・・??
少なくとも 『お肌ツルツル』 とはなるまい・・・・・




『気をつけてね』 のタイミング、どう考えてもおかしいよ!!!!




・・・・という気持ちを、露骨に顔に出してみた。
(伝わらなかったけどネ!)



でもさすがにこれは 『まぁ、いいか・・・・』 じゃすまないぞ!

勇気を出して嫁に言ってやりましたよ!




私 『き・・、君ィ!!! 危ないじゃないか!!( `ロ´)!』


嫁 『大きいから踏み洗いでお願いね ( ̄▽ ̄) 』


・・・・・・聞いてないよ・・・・・・





・・・・まぁ、いいか・・・・(言っちゃった)


そう言いつつ、体を洗った後に、引き続き全裸で 『踏み洗い』 をしている自分が


・・・・・そんなに嫌いではない・・・・・・・






『でも、結果的にシャワーを使わせてくれたので嬉しかったな・・・・・・ 』
という、手の施しようがないほどポジティブな私ですが
『結婚生活』 ランキングで驚愕の1位、
『恋愛・結婚』 ランキング (もう一つ上のカテゴリ)
で5位と、大健闘を見せていますよ!

人気blogランキングへ
本当に、ありがとうございます。 これで明日も頑張れそうな予感・・・・・

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
だ、誰が休むもんか・・・・(読み飛ばし可) 
2006.02.02.Thu / 01:52 
あぁ・・・・・・もうだめだ・・・・・・眠い・・・・・・・・


でも今月こそは更新皆勤賞を・・・・・



・・・・でもだめだ・・・・・・無理・・・・・




限界ス・・・・・・・



午前1時(さっき)にむくりと起きてきた嫁に肩もみをさせられて
いなければ、もう少し余裕があったのかもしれないが・・・・・


『節分の豆、買ってきたよ』 と言いながら嫁が買い物袋からあずきの
缶詰を取り出した精神的ショックがなければもう少し余裕が・・・・・
(大丈夫。さすがに私の誤解だった・・・)





でも、だめ。 もう無理。寝ます・・・・・・





明日(又は今日)はマジメに更新しますのでご容赦いただきたいのですが
せっかくなのでポチっとしていただけると幸いに存じます・・・・

人気blogランキングへ
『恋愛・結婚』 で健闘中です・・・
なんだか・・・私にもエロの要素が必要なのか?
と錯覚しそうなカテゴリ・・・・

* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
呪われた音感・・・・・ 
2006.02.01.Wed / 01:22 
ここまで、すこぶる順調に人生を歩んできた嫁。


金運は小吉、健康運は中吉、男運は大吉 (えへへ) 、
すべての神に愛されているかに見える嫁も、 
『歌の神』 とは、どうも相性が良くないらしい・・・・


いや・・・むしろ猛烈に呪われている。




嫁 『ねぇ、何だっけ、アノ曲・・・・・
ほら、ドリカムの2枚目のアルバムの最初の方に入ってる曲・・・・』


知るか!!!ドリカム本人にもわからんわ!


嫁 『えーと・・・ふふぅーーーん♪  ふんっ ふぅーーんーー♪・・・・・って曲。』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(はて・・・・・ドリカムで・・・・・『音階のない曲』 なんて・・・あったかなぁ・・・・)


私 『ごめん、もう一回。』


嫁 『だから! ふっ!ふぅーんふんふんーーー♪んふーーふっふんーーーー♪』




だ・・・だめだ・・・・・今度は
『おーぅれーはジャイアーーン♪!! ガーキだーいっしょぉぅーーーー♪』
にしか聞こえない・・・・・・・・




・・・こんなことが日常茶飯事なのだが、そんなことはまぁ、どうだっていい・・・・・

本人も歌が苦手であることは自覚しているが、全然気にする様子もないし。



ところが最近、そのことが子育てに影響をもたらしているのだ・・・・


幸いにも子供たちは2人とも、嫁の 『呪われた音感』 を受け継いでは
いないのだが、中途半端に耳がよいために嫁から教わった歌を
『嫁が歌ったとおり』 に覚えてしまう・・・・・・



いや、子供たちはむしろ歌は上手な方だ。
『親バカ』 で5割増しだとしても、人なみ以上には上手なはずだ。


それが、幼稚園でもどこでも、『お母さんから教わったとおり』 の
珍妙なメロディーで歌ってしまうらしい・・・・・・・・・



今ではすっかり 『歌がちょっと苦手な子』 という評価を受けているらしい。


かわいそうに・・・・・・

嫁の不規則かつ難解な歌を記憶する才能を持ちながら、
その才能が裏目に出るなんて・・・・


こればっかりはなぁ・・・・・・


さすがに 『歌わんでくれ』 とも言えないし・・・・


これからも今までどおり 『嫁の留守中にナイショで歌を教える』
という地道な活動を続けていくしかないか・・・・・・



ま、たとえ 『ジャイアン』 に聞こえたとしても、
機嫌の良い時にしか出ない嫁の鼻歌が聞こえている間は
私は割と幸せだったりするので・・・・・良しとしておこう・・・・・





ふんっふふーん♪ ランキングにーー♪ ふっふんふーーーん♪
ふふーんふーーーー♪ ご協力―♪ ふんふん♪ お願いしますねーーーー♪

人気blogランキングへ
現在、『恋愛・結婚』 7位!!!何か・・・周りはスゴいのばっかり・・・・


* テーマ:おによめの生態 - ジャンル:結婚・家庭生活 *
| BLOG TOP |
プロフィール

兼業主夫

Author:兼業主夫
(けんぎょう・かずお)33歳
愛妻家で恐妻家
時折反骨心を覗かせ
嫁の逆ギレを受ける「軽いM」

もちろんリンクフリーですよ。

---------------------------
ひと目でわかる!
■『おによめ』インデックス


---------------------------
なんと!コンテストに挑戦したところ、『最優秀賞』の栄冠に!!
『ブログdeアフィリエイト コンテスト』
投票していただいた皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんにも1万円、当たりますように!(*´∀`)ノ
ブログ内検索
リンク

人気ブログランキング
ranking

---------------------------
ケータイからも、おによめ観察
---------------------------
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 前略、『おによめ』殿・・・ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。