ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  

information・・・

  
『まぁ、いいや・・・』 を合言葉に、嫁から与えられた試練を黙々とこなす毎日を公開中!
『おによめ』を反面教師としますか・・・? それとも、目指しますか・・・?

↓踊らされています・・・・
ブログランキングranking

クリックひとつで気力回復!

■11/14 コメントの返信が遅れています・・・・ホント、(;´Д`)ノごめんなさい・・・。   
 
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親の義務を放棄・・・そして体罰根絶へ その3 
2005.09.30.Fri / 00:47 
昭和20年代から、教育基本法をはじめ通達などで「罰」に関する定義や
禁止事項が定められている。

それによると、小中学生に与えられる罰は「訓告(だったかな?)」くらいだが
「訓告」を受けて反省できるスーパー小学生には、そもそも罰など必要ない。

高校生になってようやく「停学・退学」などが許される。初めて受ける罰らしい
罰が停学や退学とは気の毒に。
もちろん、いずれも肉体的・精神的に苦痛を与える罰は一切禁止されている
(「苦痛を伴わない罰」って何じゃい?)

さらに今まで「体罰をしてきた」先生は当然法律に違反しているが、この法律には
明確な罰則規定がない。何と苦しい法律か・・・・。


先日のテレビ番組で、「場合によっては体罰も」という先生に対して
「それじゃあ見せしめじゃないですか!!」と憤慨している芸能人がいた。

「見せしめ」の何がいけないのか・・・。それは悪いことをして罰を受ける
者の「一人目」にすぎない。
一人目が罰を受ける。罰を目の当たりにした二人目は悪いことをしない。
ただそれだけのことだ。
一人目が窃盗して罰を受けなかったとき、二人目の窃盗を防ぐ手段が
「金八先生には到底およばない半端な説教」では先が思いやられる。

家庭で教育を受けていない児童・生徒を、ドラマのような熱血教師が
言葉と実践で教え、導くなどという妄想を、現実世界の教師に押し付けるのは
さすがに気がひけないのだろうか・・・。

確かに「教師の質の低下」が叫ばれているが、恐らく質が低下している
わけではないように思われる。ここ十数年の間に親から「教師の権威」を
剥ぎ取られ、「単なるサラリーマンである」という数十年前から変わらない
現実を最前面に押し出された姿が「質の低下」と受け止められるのだろう。

そろそろ、「全ての教師がグレートティーチャーであれ」という空想の
世界から脱しなければ大変なことになる。

おそらくこれから、30代の親世代が教育現場に足を踏み入れることに
なってくるだろう。

その時は、先輩達の挽回不可能な大失敗をそのまま引き継ぐことなく、
正常な関係の中で子供の成長を見守りたいですね・・・。


ってまあ、知ってるのよ。このブログ誰も読んでないって。
だから好き勝手なこと書いちゃうんだけど、
うっかり読んでしまった人がいたらごめんなさいね・・・・。



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
親の義務を放棄・・・そして体罰根絶へ その2 
2005.09.30.Fri / 00:04 
前回のような話をすると「そうよね、体罰は絶対いけないよね!」という
コメントをいただくことがある。ありがとう。
でも聞いてなかったのだろうか・・・私は体罰の話など一切していない。

前回の例で私は「罰」など受けていない。子供が成人男性(たまたま教職に
あった)から暴力を受けた場合の、単なる「親の対応例」なのだ。

抗議すればいい。場合によっては法的措置をとればいいのだ。

当初はこういった理不尽な暴力を防ぐために社会が声をだしはじめたはず
なのに、「要求が受け入れられる快感」からか次第にエスカレートして
我が子に非のある「罰」まで拒否する風潮になってしまった。

「悪いこと」(定義はおいといて)に対して罰を受けるということは
一体どこで子供に教えるのだろう。
「先生の言うことを聞く」「授業中に立ち歩かない」程度のことを
子供に教えられない親が、一体どうやって「人を殺してはいけない」ことを
教えられるのだろうか。

「社会のルールを守る」ことを親から学ぶことができず、あらゆる場面で
損をしながら自力で学んでいく・・・そんな遠回りな人生を送る子供は
気の毒としか言いようがない。

「学校ではどうすればいいのか」を親が教える。そして子供が
「親の教えに反して」学校で悪いことをすれば罰を受ける。
ただし、理不尽な暴力を受けたら親は黙っていない。
それでいいではないか。



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
親の義務を放棄・・・そして体罰根絶へ 
2005.09.29.Thu / 23:36 
小学生の頃の話を少し。

「先生!」と声をかけた数秒後、私の左ほほに成人男性の大きなコブシが
食い込み、私は黒板に全身を激しく打ち付けられた。

彼は何かを叫びながら、何が起きたかわからず「キョトン」とする私の
耳を掴んで教室中を引きずりまわし、投げ飛ばし、床に叩きつけ、
さらに髪をつかんでビンタ・・・

彼の暴行はその後数十分間にわたり繰り返された。

私の時代は「先生に殴られる」ことなど日常茶飯事だったので
幸か不幸か私も「ちきしょー!痛ぇなぁ」くらいにしか思わなかったのだが
家に帰り、顔の皮がズル剥けて血だらけになっている息子を見た両親は
さすがに激怒した。

そして「数分後」、自宅には両親の前で正座する彼の姿があった。

「こんな姿、生徒には見られたくあるまい・・・」
と、私は席を外した(半端に気の利く子供だったのだ・・・)

結局、私が完膚なきまでに叩きのめされた理由は、「後ろから声をかけられ
びっくりして腹が立ったから」だそうで、さすがにひっくり返った・・・。

深夜まで両親にこってり絞られ、翌日生徒の前で謝罪した彼がその件で
何かしらの処分を受けたのかどうか、子供だった私にはわからないし
興味もないが、今ならまずまずマスコミ受けしそうなネタに違いない。

上で書いたとおり、当時先生に殴られるなどということは特に驚くような
話ではなく、実際私も義務教育の9年間で教師から受けた理不尽な暴力など
「人生で屁をこいた回数」同様、とても数え切れるものではない。


で結局、「体罰根絶!!!」という風潮には賛同できないな・・・
と言いたいのだが、    続く。



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
岩風呂の惨事【FC2トラックバック】 
2005.09.29.Thu / 00:57 
「修学旅行の想い出」というとやはり「女湯を覗く」ことが
マナーですよね。

十数年前の想い出なのですが、宿泊先のホテルに立派な露天風呂が
ありました。
女湯にアタックすることが義務であり、権利であるという思春期
らしい発想の元、男湯と女湯を区切る巨大な岩を登りはじめました。

今思うと、2~3メートルはあろうかという壁に「後ろタ○キン」
も隠すことなく必死で張り付く十数人の高校生の姿は
さぞ壮観であったろうなと振り返ってみたり・・・

まあ、この手のアタックは失敗するということも一つのお約束
でして、私達も目的の達成には至りませんでした。

突然、友人の一人が足を踏み外して落ちそうになりました。
何とか踏みとどまり、落下は免れたので周りもほっと胸を
なでおろしたのですが、いやあ、何事も勉強です。
「全裸で岩を登っている」人間が「たった数十センチ落下」すると
どうなるのか、チ○コはもちろん、全身から流れる彼の
赤い血がそれを教えてくれました。

爆笑する先生に連れられて病院に直行した彼は十数年たった今でも
「男子校なのにがんばりすぎたな・・・」とぼやいています



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
ゲイにはゲイのモラルがあろうに! 
2005.09.29.Thu / 00:28 
同性愛?結構なことじゃないですか。
「相手は性格と相性で選ぶ」「顔や体型は全く気にしない」
なんてことを突き詰めれば「性別なんて関係ない」んだろうから、
種の保存という本能の問題を除けば、同性愛者であるからといって
何ら他と区別される要素はありませんよね。

でもね、どうもモラルに欠ける奴が目に付いてしまうんですよね。

こう見えて私、ゲイの方に結構モテるのです。
人から好意を寄せられるのは大変ありがたいことなのですが
人から行為を迫られるのは場合によっては大変迷惑なのです。

「俺と何かしたいなら、必死に口説きたまえ」と言いたい。
「俺と付き合いたいなら、正々堂々と告白したまえ」とも言いたい。

相手が異性だろうが同性だろうがその手続きに変わりはないはずなのに
どうにもストレートな奴が多すぎる・・・。
まあ残念ながら私は「俺以外の男は消えてなくなれ」と願うほど女性が
好きだし、何より結婚してるもんでね、「浮気の相手」としては最悪なんで
彼らの要望に応えることは難しいのだが・・・・


そういえば若い頃、見ず知らずの屈強なアニキに迫られて拉致されそうに
なったときは怖かったなあ・・・・
性癖に関係なく、最低限のマナーは守りましょうね!



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
凶悪な大スズメバチに襲われる 
2005.09.28.Wed / 23:04 
「ゥブウィーーーィーーン」

秋ののどかな職場を一瞬で凍りつかせる悪魔の羽音が、突然耳の後ろで
鳴り響きました。
振り向くとそこには、つやつやと黒光りした巨大なスズメバチが
実に見事なホバリングで私を威嚇しています・・・

普段からクールな芸風を保っている私は「キャー!!ハチーーーーー!!!」
と叫ぶわけにもいきません。今にも口から飛び出しそうな声を必死で抑え、
「どうする!?死んでしまう!」と必死で助かる方法を考えました

たまたま狭い部屋で一人で仕事をしていたため、スズメバチが「攻撃目標」と
認識できそうな物は、私以外には見当たりません。怖い!
とりあえずハチが油断したところで、部屋から脱出することに成功しました。

「どこか別の部屋に避難しよう・・・」 しかし仕事道具や資料は部屋の中、
急ぎの仕事で「ハチから逃げてて遅れました」とはとても言えません。

「助けを呼ぼう・・・」 見回すと女の子しかいません。

「キンチョール!」 立派な職場ではありませんが、殺虫剤やハエたたきを
常備しているほどあばら屋でもありません。

私は意を決して、スズメバチの待つ部屋へ再度潜入しました。
手にはネスカフェの空き瓶・・・

棚にとまっている敵を発見した私は、悟られぬよう背後から静かに接近し
唯一の武器である「ネスカフェ」を構えました。

「しくじれば刺されて死ぬ・・・」いや、わかってる。死にゃあしない。
しかし追い込まれた私はそれほどの決意でハチと対峙していました。

アゴからしたたる脂汗が床に届いた刹那、ネスカフェの大きくて頼もしい
口が、敵の体に覆い被さりました。

ビンをふさぐものを忘れていたため、そのままの姿勢で数分間すごすことに
なりますが、詳細は略・・・。

見事スズメバチを捕獲し、職場に平和をもたらした私は
「みてみてー!(興奮)スズメバチ捕まえたよ!」と鼻高々に
女の子たちを集めました。



「それ、アシナガバチです。めったに人は刺しません」
これさえ言われなければヒーローだったのにな・・・・・・・
まあ、ビンの中で激怒して飛び回る彼をよく見てみると、確かに小さい。
4センチくらいに見えてたのに・・・

最近の若い娘はハチに詳しいのね・・・



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
子供には性教育が必要ざます! 
2005.09.27.Tue / 00:46 
・・・って鼻息を荒くしているおばちゃんが近頃増えているようですが、
多分、余計なお世話です。

でもまあ、私も子供の頃、かなり質の高い性教育を受けていました。
講師は近所の兄ちゃんであり、友人であり、私自身でした。
教科書はオヤジのエロ本・・・・

「バカな話しやがって」とブラウザを閉じる前にちょっと聞いてくださいよ。
確かに教室で「はい、皆さん大きな声で!さんハイ!」『だいいんしーん!!』
てのもまあ、別に止めはしませんが、
「お父さん知ってる?ヴァギナに陰茎を挿入して・・・」ってやられたら
食卓がどんな空気に包まれるのか教育関係者は真剣に考えて欲しいものです。

主観ですが、性に関しては今後もアングラであるべきではないかと思うんです。
「隠れ見る」ことがある意味で性の神秘性を高めて、それが結果的に
「オレにゃあ手を出せない領域」だと子供に認識させるのではないかと。

私自身「正常な性認識を持つ大人」であると自負していますが、
そうなる過程で大きな役割を果たしたのが父親です。
先に述べた「性の教科書」であるエロ本の事実上の提供者です。

友達と集まっては教科書から仕入れた情報を交換します。
当然、より高度な情報を持つ者が優位に立てるわけですから
子供なりに自然と良質なエロ本を見分け、正常で正確な情報を選択する
力を身につけることができました(誇りです)。

と言うわけでオヤジの役割は

「良質なエロ本を子供が苦労して探し出せる場所に隠す」
この1点につきます。


あ、いかんいかん。むやみに断言すると人に嫌われるってことは
わかってるはずなのに・・・・



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
出来もせん政策たてんなヨ! 
2005.09.26.Mon / 00:27 
「子育て支援に力を注ぎます」・・・最近よく耳にする言葉です
国や地方の政治家が今さらになって声高らかに叫ぶこの言葉に
はたしてどれだけの意味が込められているのか疑問でなりません

どうやら「少子高齢化」に歯止めをかけようとしていることを
アピールしているらしいのですが、
「子供1人あたり○万円」だの「育児サークルに補助」だの・・・
金をバラまけば単純な国民は一斉に子作りをはじめるとでも
思っているのでしょうか。ナメられたもんです

どうも最近、「子育て支援」に対する一般市民と行政の認識のズレが
気に障ってしょうがありません
(「お前は何様だ」という指摘は置いといて。えへへ。)

確かに金はないですよ。おむつ代だって苦しいです。
「あんまりマメにウンチしないでくれます・・・・?」と真顔で赤ちゃんに
相談したこともあります

でもいちばん苦しいのはお金のことじゃないんですよね
24時間、365日休むことなく子供と対峙しなきゃならないことが
少なくとも私と妻の気力と体力を奪う最も大きな要素となっています

多世代で同居することが多かった昔は絶妙なポイントで「おばあちゃん」が
登場していたはずですが、核家族では食事の支度中、洗濯中、電話中・・・
いつでも常に「唯一の責任者」として子供を見ていなければなりません

「当たり前だろ」と思われるかもしれませんが、やってみると簡単なことでは
ありません。
「今日だけ」でもなければ「今月いっぱい」でもありません。
少なくとも小学校入学まで6~7年続きます(それ以降は「教育」という
プレッシャーが本格的にかかってきますが)

政治家の皆さん、これ、金で解決できますか?

いや、別に解決してくれと言ってるわけではありませんよ。
私を含め大多数は自らの意思で核家族を選択してるんだし。
でも「どうですか、私、少子化対策に取り組んでますよー!」という
パンツのずれた笑顔がひどく気に障るだけで・・・。


やめた。長くなりそうだ。また今度書こっと
マイナス20度で床下浸水 
2005.09.25.Sun / 09:48 
北海道の自然にあこがれて本州から移り住む方が増えています

私の知り合いにもそういう方が何人かいるのですが、
皆さん口を揃えて言うことが、「ここまで寒いとは・・・」なのです

いちばん失敗しやすいのが「水道の凍結」です
水抜きをしないで一泊旅行に出かけ、帰ってくると大抵水道が
出なくなっています。

暖房をつけっ放しで出かけても、水を使わない(水が動かない)と
床下で凍ってしまいます。自然に溶けるということは滅多にありませんので
水道業者を呼んで数千円払う羽目になるのです。

天気予報で「水道凍結注意」が流れるのですが、長年住み慣れた我々でさえ
夜寝る前に水抜きを忘れると、朝からトイレが使えない・・・ということが
よくあるのです。
そりゃあ、マイナス20度にもなれば何だって凍りますよね・・・。


「冬の間は本州で過ごす」友人宅では、秋から使わなかった水道が冬に凍結、
水道管が破裂、春の温かい日に氷が溶けて延々と水が噴き出し続ける・・・
という最悪の事態が発生しました。

「うおー!」「すげー!」と子供が集まっているのに気づいた隣人の通報で
ようやく止まりましたが、「床下数十センチの浸(?)水」という甚大な
被害となったそうです。


今年北海道ではじめて冬を迎える皆さん、お気をつけください・・・



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
世間では連休らしい 
2005.09.24.Sat / 22:56 
いや、別に私も連休なんですが

「連休中こそ主婦体験」がウチの(嫁の)モットーだそうで、
掃除、洗濯、料理、子守り・・・すべて私が担当することになっています。

私の場合は普段から
「ごめん、仕事に行ってくるから家のことお願いします」
仕事から帰ったら
「お疲れさま。洗い物俺がやるから座ってて」

という「ドM」のような生活をしているのですが
それでも「オヤジには主婦の気持ちはわからない」そうです・・・

まあ、夜10時に仕事から帰って茶碗洗いをしているオヤジに
「洗濯もしといてネ」と声をかける主婦の気持ちはわかりません

と言うわけで世間一般でいう「連休」は家事と育児で消化されています

確かに「主婦の気持ち」はわからんが
「父子世帯の気持ち」なら痛いほどわかる今日この頃です・・・


blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
オレオレ、オレだよ! 
2005.09.24.Sat / 00:34 
私の両親も無事還暦を迎えました。
どうもこの辺の年代が「振り込め詐欺」に引っかかり易いような
感じですね・・・

念のため「俺が痴漢で捕まって示談金要求されたらどうする?」と
聞いてみたのですが
「留置所でお前に直接頼まれても断るよ」とサラリと言い切りました。
冗談の気配が全く感じられなかったので「本当に捕まったらどうしよう」と
違う心配をするはめになってしまいました。
どうやら私は痴漢や横領はやめておいたほうがいいようです。

しかしこれだけ世間で騒がれているのに未だ引っかかる人が
大勢いるってのは不思議でしょうがない。
一体どんな話術を使うのか、どれほど綿密な布石を打ってくるのか・・・
ともかくそれほどの技術をもってすれば車でも教材でも壷でも
好きなだけ売れるんじゃないかと思うのだが・・・

そういえば「こち亀」の初期(20年以上前)の作品に、
両津「おじさん、俺だよ!」
爺「○○か?」
両津「そうそう!久しぶりだな。泊めてくれよ」

一文なしの両津と本田が見ず知らずの老夫婦宅に泊まって
どんちゃん騒ぎ・・・って話があったような気がします。多分。

この話では確か「老夫婦は最初からニセものだと気づいていた」という
設定でしたが、子供心に「この手は使えるな」と感じた記憶があります。


ちなみに、両親と同じ質問を嫁にしたところ、早速電話を片手に受け答えの
練習をはじめました。
どうやら私が本当に捕まっても彼女の練習どおり
「保険金の支払いを待って示談」ということになりそうです。



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記 *
プチ軟禁中です 
2005.09.23.Fri / 09:55 
いやあ、大人になって初めて正座させられました・・・嫁に。

些細なことなんですがね、先日、飲み会の日に
「今日は一次会で帰ってきなさい」って言われてたんですが
(それ自体すでに問題があるのだが)

会社の若い娘達もいたもんで浮かれてしまって・・・
家に着いたら朝5:00になってたんです
一般的にはよくある話ですね

それでも罪悪感があるんで「さ、起きてから謝ろっと」と思って
服を脱いでたんですが、靴下を脱いでふっと上を見ると嫁がね、
立ってるんです。

普段冷静な私が「どぅおう!」って声に出したのも
大人になって初めてでした。

「家で子供の面倒を見るのがどれほど大変か講座」を
小一時間聞かされたんですが、その間正座です。
うっかり服を脱いだ後だったので半裸での受講となりました。

「死ね」とは言われませんでしたが、うーん、あれは何と言うか・・・
「いっそ『死ね』と言ってくださいよ・・・」と思うようなことを
たくさん言われました。えへへ。

私、軽いMなんで平気なのですが、一般的なお父さんだったらとっくに
逆ギレしてたんだろうなぁ・・・。

そういうわけで今しばらくは会社の往復のみ許可。
タバコを買いに行くのも禁止。
トイレも許可を要する生活を強いられています。

がんばれ、俺


blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
監督、コーチのビンタは全部よけちゃえばいいのかな? 
2005.09.22.Thu / 22:55 
「駒大苫小牧に続いて、準優勝の京都外大西で部員が窃盗行為という
不祥事が発覚した」 らしいですね。

「だから何じゃい」・・・ってことなんですが、

「甲子園を沸かせた優勝校のエースピッチャーが密入国組織の
若手筆頭だった」なんてことなら
「この野郎!お前に心ときめかせた時間を返せ!」
てことにもなろうかと思いますが、

スリッパで叩かれただの財布盗んだだのタバコ吸っただの・・・

スリッパはまあアレですが、確かに悪いことですよ。
でも真剣に練習に取り組んで、それこそ死に物狂いで頑張ってきた
他の部員が何で「高校野球」っていう人生でおそらく最高のフィールドから
ひきずり降ろされなきゃならないのかなって。

「連帯責任」ということかもしれませんが、事実上大人が17~18歳の
子どもに押し付けてるのは「管理責任」であってね、
他の部員にとってみれば「出場停止」を回避するためには

「殴らないようにコーチにお願いする(若しくは全部よける)」
「1年生部員が他の生徒のカバンから物を盗まないように見張る」
「キャプテンが全部員にタバコの健康被害をとことん説明する」

なんてことに気を配らなきゃならない。

高野連が「高校生の課外活動」にどうしてこれほどまでの
権限を持っているのか・・・

新しい大会組織立ち上げて、みんなそっちの全国大会に
出場したらいいのに・・・

とりあえず「駒大苫小牧、京都外大西、明徳義塾」は参加決定か。



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
小遣い5千円って、社会人としていかがなものか 
2005.09.22.Thu / 22:02 
新聞報道で「お父さんの平均お小遣い、前年比2千3百円増の4万6百円に」なんて書いてあるのを以前見かけましたが、本当なんでしょうかね?

私のお小遣い、人に言ってもあまり信用してもらえないのですが、
月5千円なんです。

通勤の交通費や昼食代は入っていないので、まあ何とかなるだろうと
客観的にはそう思うでしょうが、実際に5千円で社会生活を送ろうとなると
そう簡単ではありません・・・。

1日1箱のタバコ代にも満たないのですから(やめればいいのですが)。
もちろん飲み代も5千円の内からやりくりします。
私の職場では月に1~2回、必ず飲み会があります。拒否権はありません。
「缶ビールとスナック菓子で」って訳ではありませんので
1回あたり5千円~1万円かかります。

さらに週に1度は夕方になると妻から淡白な短文メールが届きます。
「牛乳」「パン」「ところてん」・・・
いそいそと帰り道のスーパーでお使いをしていくわけですが、
すぐにはお金をくれません。「細かいのないから今度ね」と。

その「今度」を待つこと8年・・・・
小額のカツアゲだと思えばまあ、耐えられんでもありませんが。

そんな訳で、今日もコツコツと裏小遣い稼ぎに精を出しています・・・



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking





* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
通帳を拾ってもらった・・お礼は何割? 
2005.09.21.Wed / 00:47 
「落としたお金を拾ってもらったらお礼は1割」なんてよく聞きますが
落としたものが預金通帳だったらどうなんだろう・・・

昨日の夕方、警察から連絡があったんです。「通帳届いてますよ」って。

落としたことすら全く気づいていなかったんですが
心優しい初老の男性が拾ってくれたらしく、無事手元にもどってきました。

待てよ・・・お礼はどうすればいいのかしら・・・・

「お礼の手紙と商品券か菓子折でも送るか」なんて思ってたんですが
「拾ってくれた方が気にして何回も警察に電話がありました。
必ず、絶対、間違いなく連絡してあげてください」と
警察の人にしつこく念を押されたのがすんごく引っかかってしまって・・・

・・・・・預金額の1割!?

いやいや、印影もついてないし暗証番号もあるし・・
通帳自体には預金額とイコールの価値はないよな・・・

いやいや、俺なら「1割よこせ!ゲハハハハ!」って迫るかも知れん・・

んー。実際に合ってお礼がてらホッペにチュッてしてこようか・・・

今日も眠れそうにない


blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
階段の1段飛ばし、できます? 
2005.09.20.Tue / 01:39 
何かね、おかしいと思ってたんですよ。

20代後半の頃、軽快に1段飛ばしで駆け上げってたらね、
どうやら自分で思ってるほど足が上がってなかったらしくて
つまづいて豪快に転んだんです。

その時たまたま「業務用(数千個入り)のクリップの箱」という
人生で一度触れるか触れないかというものを脇に抱え(略

それ以来着実に一歩一歩踏みしめて上るようにしてるんですけど
普通に上っても3階までいけば軽く息があがってる自分に気づいて
愕然とします。

何だかね、私73年生まれなんですが、西島洋介山とかマギー審司とか
同じ年齢でも文化、スポーツとか様々なジャンルで皆さん活躍してるのに
情けないなぁ・・・普通の30代ってこんなもんですかね・・・



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
| BLOG TOP |
プロフィール

兼業主夫

Author:兼業主夫
(けんぎょう・かずお)33歳
愛妻家で恐妻家
時折反骨心を覗かせ
嫁の逆ギレを受ける「軽いM」

もちろんリンクフリーですよ。

---------------------------
ひと目でわかる!
■『おによめ』インデックス


---------------------------
なんと!コンテストに挑戦したところ、『最優秀賞』の栄冠に!!
『ブログdeアフィリエイト コンテスト』
投票していただいた皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんにも1万円、当たりますように!(*´∀`)ノ
ブログ内検索
リンク

人気ブログランキング
ranking

---------------------------
ケータイからも、おによめ観察
---------------------------
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 前略、『おによめ』殿・・・ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。