ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
  

information・・・

  
『まぁ、いいや・・・』 を合言葉に、嫁から与えられた試練を黙々とこなす毎日を公開中!
『おによめ』を反面教師としますか・・・? それとも、目指しますか・・・?

↓踊らされています・・・・
ブログランキングranking

クリックひとつで気力回復!

■11/14 コメントの返信が遅れています・・・・ホント、(;´Д`)ノごめんなさい・・・。   
 
喝!! の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年に1度のマルチ祭り 
2005.10.20.Thu / 00:00 
私の生まれ故郷では、10年に一度マルチ商法が大流行する。

大騒ぎが収まって、10年たった頃に『マルチを知らない子供たち』が
社会に出始める。 そこを狙われる。

その世代で1人「親ネズミ」が誕生し、同級生、先輩後輩とまたたく間に
広がっていく。学生なども巻き込んだ一大イベントの始まりだ。

前回の流行が9年前、私が23歳のころだ。
地元に残った同級生が親ネズミとなり(組織全体としては孫ネズミ程度らしいが)
あっと言う間に広がった。

会社を辞める者、家業を放り出す者、学校を辞める者・・・・
「労せずして月収数百万円」という甘いささやきが小さな町の若者を
とりこにした。

小さな町だ。当然、「孫ネズミ」あたりで先輩後輩を含めた「横のつながり」が
破綻する。大人は相手にしてくれない。

「じゃあ、人の多い都会に行こう」・・・・

純粋な田舎の青年たちは、希望を求めて札幌や東京へ向かった。
当然だが、相当高度な知識と話術、「親兄弟、友人」をまとめて地獄へ
叩き落すぐらいの根性がないと、あんなものは成功しない。

もちろん、数ヶ月としないうちに、彼らの夢は打ち砕かれることとなる。

地元に帰ることすらできなくなった彼らは、9年経った今でも
辛酸をなめながら見知らぬ土地を転々としている・・・・

あれからもうすぐ10年。
親の教育によって『マルチを知らない子供たち』 が絶滅していることを願う。



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking

スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
ウチの娘をナメんなよ! 
2005.10.13.Thu / 00:00 
小学校に入る前に、「就学前健診」というものがあるそうだ。

先日、娘を連れてそれに出かけた嫁が、ブチ切れていらした。

「あの、うちの娘が何か粗相を・・・」と思わず聞いてしまったが
どうやらそうではないらしい。

彼女がキレているのは、健診会場での問診らしい。

問診の結果、「情緒の発育に何かしらの遅れが見える」的な
評価をされたとのことだ。

聞けば、カウンセラーが「ボール」を指差して、「これは何ですか?」
という問いに、娘が「ボール」と答えたところ、
「いいえ、これは『まり』です。もう一度聞きます。これは何ですか?」

・・・・それは「ボール」だ。当然娘も「ボール」と繰り返した。

別に外来語を否定する問診ではなく、モノに対する概念
(今回はたまたまモノの名称だった)を否定されたとき、
子供がどう対応するかを見たいらしいのだが、その結果、娘は
「他人の意見に耳を傾けることができない子」と評価されたらしい。

しかし、「ボール」程度の概念を見ず知らずの人間に覆されるほど
うちの娘は甘ちゃんではない。

私だってテレビを指差されて「いいえ、これは『箱型電波受像機』です。」
と言われたら、「君、大丈夫かね?」と応えるだろう。
相手がエラい人や怖い人でない限り。

むしろ娘がそこで「まり」と答えたら、
「簡単に信念を曲げるな!」(大げさか)と怒鳴ってやるところだ。


で、嫁がそのカウンセラーにブチ切れたのかというと、
大人だなぁ、うちの嫁は。 黙って帰ってきたらしい。


私相手だとあんなに簡単に、なめらかにブチキレるのに・・・・・



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
杉村太蔵・・・・ 
2005.10.09.Sun / 00:08 
ずいぶんコテンパンにやられたものだ。

でも、彼に何の落ち度があるのだろう。
彼が粗こつ者であること自体には何ら問題ない。
世間にいくらでもいる若者だ。

彼が批判と嘲笑を浴びているのは彼が衆議院議員であるためで
個人「杉村太蔵」がどんな車を買おうが料亭でメシ食おうが
知ったことではない。

仮に、彼に国政を担う資質がないとしても、彼が「国会議員になった」ことに
対して、彼自身には何の責任もない。

「国会議員になりたいな」と言ってみたら「なっちゃった」だけの話だ。

むしろ、彼を当選させた国民の責任に他ならない。

「杉村は比例区だよ」というツッコミもあるだろうが、
私達の多くは「自民党」に投票している。「適性のない(?)」人間を
比例名簿に掲載した政党に投票している。
「テキトーな名簿」に対して大量に投票している。



私は特に支持政党はない。
しかし「言うことを聞かない奴は落選させてやる」と、刺客を送り込む
政党が大勝してしまう現状には大きな不安を持っている。

「否決されたら解散、逆らった奴は落選」・・・・
私達は何のために「選挙」によって「議」員を選ぶのだろう。
国会『議事』堂とは一体何をする場所なのか、

政策に異議を唱えることも否定することもできないなら
それはもはや『議』会ではない。


blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking






* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
「将来の夢」、プロ野球選手を抜いて「ニート」が堂々1位 
2005.10.05.Wed / 01:26 
「ニート」という言葉を耳にするようになって久しい。

「アホな奴がまた変な横文字つけやがったな」程度に思っていたのだが
あらためて言葉の意味を確認してみた。

「Not in Employment, Education or Trainingの略で、働かず、
学校にも行かず、職業訓練もしない若者」のことを指すそうだ。

この言葉を考えた人間に、じっくり数時間体罰を与えたいところだ。


この言葉の誕生によって、「無職」という人生を選択する若造が
どれだけ増えただろうか。

「働かず、学校にも行かず、職業訓練もしない若者」のことを
「ダメ(自粛)間」なり「クサ(自粛)道」なり、適確に表現する言葉が
いくらでもあったにもかかわらず、彼らに「ニート」というスマートな
横文字を与えてしまった。

彼らは事実上、社会的な容認を受けて堂々とその人生を歩んでいる。
メディアで連呼されるこの言葉は、「無職という職業」を一般的なものに
してしまった。

しかし彼らは正常だ。私と何ら変わりはない。
私がその道を歩まないのは、単に「食っていけないから」なのだ。

許されるなら、私も「ニート」になってみたいが、許されない。
しかし彼らは誰かに許されている。

親にそれを許された彼らは、誰一人飢えることはない。

「働かなければ食っていけない」・・・先進国でも発展途上国でも、
犬でもアリでも、全ての生物に共通する最低限の活動をしなくても
彼らは飢えない。

そして親が彼らを庇護できなくなったとき、
彼らは「無我夢中で働く」私達納税者の扶助を受け
再び「飢えない生活」を満喫するのであろう。


私の子供は「目に入れたら気持ちいい」ほど可愛い。

しかし、もし私の子供が将来、「ニート」の道を選択したとしたら、
生命に影響を与えようとも「働かなければ食っていけない」という自然の
原理を、身をもって学んでもらおうと思う。


blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
高給取りの生活苦 
2005.10.02.Sun / 16:20 
くっ!いまいましい!
昼休みにやってるテレビ番組で、苦しい家計を分析して、おばちゃんが
保険とか食費とかの節約をアドバイスするってのがあるのですが

そこに「毎月赤字なんです!理由がわかりません!」と出てくる素人の
手取り収入の高いこと!「ボーナスを按分してます」なんて言い訳を
受け入れても私の月収より遥かに高いじゃないか。

内容を見てみると、「生命保険 5万円」、「外食 4万円」、「食費 6万円」
「習い事 2万円」、「小遣い6万円」・・・・てアホか。アホだ。

これで赤字の理由がわからんような奴がどうして毎月あれだけの収入を
得られるのか、まだまだこの国の給与体系には謎が多い。


ああ、私の貧乏は彼らのせいではないのに・・・・
何だか見てると自分の金を浪費されてるみたいで腹が立ってくるんです。
ごめんね・・・



blogランキング参加中・・差し支えなければクリックを・・・→ ranking
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
プロフィール

兼業主夫

Author:兼業主夫
(けんぎょう・かずお)33歳
愛妻家で恐妻家
時折反骨心を覗かせ
嫁の逆ギレを受ける「軽いM」

もちろんリンクフリーですよ。

---------------------------
ひと目でわかる!
■『おによめ』インデックス


---------------------------
なんと!コンテストに挑戦したところ、『最優秀賞』の栄冠に!!
『ブログdeアフィリエイト コンテスト』
投票していただいた皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんにも1万円、当たりますように!(*´∀`)ノ
ブログ内検索
リンク

人気ブログランキング
ranking

---------------------------
ケータイからも、おによめ観察
---------------------------
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 前略、『おによめ』殿・・・ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。